自分の 物差し

167

久々に 石の事  半分忘れかけてた  ラリマー  本名ブルーペクトライト

白のペクトライトに 銅イオンが働きかけ  このような ブルーがあらわれる 限定地域での出来事

ラリマーは 芸名みたいな物  扱っている鉱山主が 娘の名前と海をもじって 命名したとか 

中南米ドミニカで産出   やたら人気があり バカみたいな値段で取引

168

写真は 原石の状態 まだ磨いてない状態   磨くと 水の波紋のような柄あらわれ

それが どうも 皆さんを 魅了しているみたいです  私的には  値段と 魅力の

バランスを失ってる  流行ものみたいなかんじですが  まー確かに 綺麗です

芸能人と同じ 人気が出て 価値上がるのだけど 人気が先行しすぎ  産出量も少ないかな

偽物 も 出回って  でも 見る人が見れば すぐわかる

人気に左右 されず 自分の物差しで 価値を判断する  自分の労をして 手に入れた お金と

その モノが 自分の物差しで はまるのかどうか  これ 出来そうで 出来ない

人気という 目くらましに 自分の物差しぶれてしまいがち   オークションなんかの

競り合いでも よくそうなる  熱くなりすぎ 相場をこえてしまったり  後で後悔

出品者は そこを 狙ってるわけで    そうだ そうだ  お宝鑑定団

あれは モノを お金の物差しだけで計る習慣を 世の中にすり込んだ 性質の悪い番組

自論 自分が気に入り 美しいと思った物であるなら   お金の物差しで見直さなくても

骨董の世界  その美を楽しまず  お金の値の物差しで コレクションする方の 多いこと

そこに 間違いが起きてるような 趣味の悪い方多いように 私 感じます

そのモノが 自分に共鳴して 美しく 感じるかどうか   そこが 一番の物差し

私 朽ちた 木にも 共鳴  使い込んで壊れた物にも共鳴  へんてこな物にも時々共鳴

その寄せ集めの 集結が MOSS Terrace の店 の 内装 や 小物

アンティーク意識 してませんが  たまたま 目にとまるものが 古い物と いう事

みなさんは  お金の物差しになりがちじゃないですか   まっ 趣向品での事ですがね

キャベツや 肉 魚に そんな事 考えてたら   脳ミソ 疲れちゃいますよね    

Comment

ラリマー ラリマー ラリマー
2枚目の写真を見て心臓がバクバク、ドキドキしてしまいました。


  • 2015/01/11 01:56
  • みけ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)