ほしい~

ほしーい2
ミドリ色の 強発光フローライト 福笑いアゲートに思いを込め マジックで書き書き

ほ し い とお凸に これを書いたのは五年生の女の子 いつもこの石を見に来て

手の中に抱えてる  みどりちゃん と名前を読んで ほとんと リカちゃん人形のような扱い

かーちゃんにいつも これちょうだいと 交渉  かーちゃん へへへと もう半年以上

ガンバレー  どっちが 折れるか楽しみだ   本当に奇麗なフローライト  目つきキツイ 真剣だ

ほしーい1
つづいて 裏の面に書いたのは 中一の男の子  あは~ ほしいなぁ~  スケベ顔 だー

と 女の子親子から はやしたてられる  スケベの何が悪いと 私 助っ人  なんか楽しいのです

プラチナルチル入りの大きな水晶タンブル これまた何ヶ月前から ラブコール かーちゃんまた へへへ

みんな頑張るんだ!  石でいろんな 楽しみ方しています 子供達と遊んでます  可愛いのです


今の世の中は 子供かまってあげるにも 難しい時代なりました  私の子供の頃は近所のおじさんが

本当によくかまって 遊んでくれました しつけ? んん ルールだな そんな事も教えてくれました

ほんの少し 自分達もそんな事の伝承   私達二人とも 東京の下町育ち  昭和のおとし子
  

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)