店のコンセプト

ビン

モノが行きわたり さらにインターネットでの情報世界での物販

たとえば書籍 電子書籍 紙媒体が急激に縮小 紙媒体にしても

検索して 新書 中古 すぐに手配 翌日には届くような 凄い

でも こんな状態でも 一部の書店生き残る どんな店なのか

それは 足を運んで その空間を楽しむ様な そんな書店

神田界隈の 専門書の歴史ある書店  本好きが集う個人店

味わい深い古本店  コンビニのついで雑誌 などは 細々ながら

生き残れる  これからも 固定費抑えられてれば 生き残れる

情報革新世界になって もう店が成り立たない時代でも

この そこに行って 空間を 買い物を やり取りを 楽しめる様な店

それが 情報ビジネスにできない業務  なるほど なるほど

どんなに  サイトを駆使しても限界が それは見てても分かるな

タイの店 今でも半分それ出来てるかな そうなると あえてネットで売らない

店に来てもらう みんなの向かう世界からあえて 外れて 溢れる情報

それに 飽きたり 物足りない様な  空間が 物が そんな事を埋められる様な店

それが 日本の店のコンセプト  消費税かからないような 売り上げの店

それを あえて コントロール   レア度上がり そこに行くのが楽しみの様な

固定費も 究極の世界  だからマネしようにも マネできない  

数時間 楽しめる様な くつろいで食事して お茶して 庭を眺め 石の世界に浸り

天然素材の 服たち 試着しながら 自分に似合う 服やアクセサリー 選び

60過ぎの 爺 婆 が 営む そんな店   生きる道が 明確に腑に落ちた

競うような世界には もう足を踏み入れない 衣食住を 自力で無理しない程度に楽しむ

それが 自分達にとって 人生の目標   こんな感じで皆さんに楽しんでもらう これが使命

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)