あの世

12

あと 半月もすると 今年終了  あっという間だ  100年生きても きっと

あっという間 時間て 何なのか  小さい頃からの謎 朝起きて 昨日の事は 何処へ

さっき食べた  ご飯の時間は どこへ  なんて 思ってた 今でも思う

パラレルワールド とか 時空とか  アインシュタインや 学者さんたち

いろいろ 言ってるけど  ピンと来ない  みんな 死ぬ瞬間の恐怖に 不安おぼえ

生きている  あれて感じで きっと 過ぎてゆく 時間の概念のない世界へ 瞬間的に

自分の 意識だけ その意識も 解脱した状態で  その意識が 経験したことだけが 

意識していた 対象も 自分にだけある存在で 自分の意識が作り出してるだけの世界

そんな風に 思っていると 意識が宙に漂う感じで  空 の感じ   体感? 体験?

なんと 表現していいやら  一度 腎臓結石で 全身麻酔を経験  術台の上のライト

口に マスクあてられ  そして意識はなくなり 時間なんかの感覚もなく 目が覚めたら

控室に 置かれていた  ライトと マスクあてられた までの記憶  何時間か経っていたよう

目覚める 前 夢を見ていた 記憶にはない  なんか 潮の香りがしていたような

何の 夢 見ていたやら  死ぬ時の感じ こんな感じかな と 覚えていないが 

意識は 何処かのちがう 現実を 体験してたのかな  なんて  思ってた

時間 そこには有ったのかな   肉体の期限切れ この全身麻酔のような 感覚

肉体と 意識が切れはなされ  意識だけが  夢と思ってた体験 実は何十年

その世界では 過ごしていたのかも  今の現実も 瞬間の夢程度の事なのかも

これが パラレルワールド と 世間では言ってるのかな  今 感じてる夢 どうよ

いい夢に なるよう 日々過ごしてます  もっと いい夢で 過ごせるよう  日々 精進

悪意 を捨て 良心満たし 生きて行けたら   んー 悪意 まだまだ 持ってるな

まっ そのうち 無くせるでしょう   その時は 神様になっちゃうのかな   似合わねーなー

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)