終いの住い

8

あと10日で タイにもどる 作業まとめあげないと  このまま続けたいけど

まだ そうはいかない  タイで 社員もお客さんも 待ってくれてる ありがたい事で

服等のデザイン 少しは出してあって また着物も手に入り 創造かきたてられる

また いろんな 服 モノ 作りまくるぞ   幸せな事です  使命まい進 

今日 初めてストーブに火を入れてみた 6畳用の小さい石油ストーブだけど

この 大空間 暖かく ヤカンもかけ 湯気たてて へー 結構 家 閉じれて

暖かくできるように  外気より 4~5度 暖かくなっている よしよし

50畳用の薪ストーブ  期待できるな  薪の準備もOK 30坪のこの家

天井高いので 通常の40畳以上の 容積で見積もらないといけない

倉庫の解体した 単管パイプ かーちゃんのアイデアで 裏の林の

枯れ枝 倒木の立てかけ棚 作ることに  ナイスなアイデア 二人でノリノリ

いくらでもある  燃料 使わない手ないよねー  ちょっと手間かかるけど

それが 楽しんだな  薪ストーブの周りに石おいて蓄熱 熱くして風呂場にも

ホウロウの 巨大湯船 冷えると お湯暖まらない なので 熱くした石

湯船の脇に 閉じ込める場所つくり  熱くした石 置いて温めておく

熱 有効利用  35cmの 中古ステンレス寸胴 生活館で 購入 1000円

何時も 湯沸し 使う ガス代 電気代 節約 地震でも倒れないよう 工夫

薪スト-ブのまわり 耐火ボード ブロック 耐火セメント 割栗の石使い

完全ガード  送風機  熱溜めフード 配置して  ぽかぽかな 冬

数年前とは えらい違い  寒くて 昔見た冬山遭難映画 八甲田山の夢みてた

暖かくて 家にいるのが嬉しくなるだろうな  やったー

煮炊きもできる  かーちゃん 今回もいただいた 栗でマロングラッセ作る

煮詰めるには 火加減 難しいけど 下ゆではできるな 羽釜でご飯も炊ける

多機能 カマドストーブ  天板でいろんな事  火の上に網おいて

素焼きの 鉢くらいなら 焼ける   本焼きは外でロケットストーブ

竹の垣根用の 竹もつりさげて 乾燥 油でて丈夫に まだまだ できるぞ 限ない

煮炊き 乾燥  家暖めながら いろんな 生活作業 縄文時代なんか

こんな感じで 生きていたんだろうな   原点の生活  オール電化反対

電気止まったら お終い 電気ないと動けないので 人が電気機器のように

進化 しながら 退化 する人間  いったい何物なんでしょうね

来年から もっと かーちゃんも この終いの住いに 居れるよう 段取りしないとな

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)