終いの住い

ビットコインが 暴落しただの  株がさがったの  いつまでたってもここいらで 足踏みの

人間社会  一度潰れないとリセットされないようで  嫌でも耳に入るのが 鬱陶しい

人が生きること自体が しんどくて 鬱陶しい事の多い事  そんなこと痛感するこの頃

館山に入る前から こんなお話が 材木などいただけるところあるけど 興味ありますか 有ります有ります 

私 館山に入ると  あの話無かったことにと  大丈夫ですよ  何か有ったのですかと尋ねる

ログハウスを 自分で建ててた 老夫婦  旦那さん 痴呆にかかり 作業なかばでストップ

三宅島に四〇代で建てた家  火山噴火で流され  六十になり館山で奮起してもう一度

3

2

小屋を先に作り そこで暮らしながらの セルフビルド  キットなのだけど 二十年経った今

まだ 完成ならず  買い物好きなのかあまりにもの先行買いで 物が溢れる  もの凄い

奥さんも 心が定まらず 処分する しないと  悶絶していた様子 八十になり もう無理と決心

そんなところに 群がるハイエナの族 どうぞという言葉に 何でもただで 持ち去ろうと 非礼で卑しき族

いろいろ 話させていただき  ある程度の金額で 私が引き取る事に んー 見てられない気持ちが

私を そうさせた  お人好しだと 自分でも分かっています  丈夫 神社口の店で生かします 大丈夫です

お店 出来るの 楽しみにしていると奥さん  その後 十日間 トラックで13往復
6
4
5

小屋の整理 仕分け 積み込み 場所作り 降ろし 分類 廃棄 ほぼ休みなしに 9時から8時

細かい 金具などの仕分けは  夕食の後  テーブルに広げ分類  業者なら丸ごと捨てる

毎晩 段ボール 10杯くらい  寒さで指もかじかむ  根気も尽きるころ 布団に入り込む

凄い量  整理もここ数年できなくなり ちょっと病気の片りん見受けられる  物が語るように

頭に共鳴する 語りかけてくる  書籍や 写真  書類 メモ 全部処分してほしいとの事

時々 のぞきに 奥さん  愚痴とも 思い出とも わからない事 自分の不安  など 永延と

少し聞きながら タイミング見て  そろそろ 陽が暮れる前にと 区切りつけさせていただき 作業に

ご主人に 慣れていた野良猫が 小屋に 私を警戒しながら 立ち去ろうともせず しばらく居る

集めていた 500円や100円 小銭 出て来たので 奥さんに何万円か有るだろう 古い記念コインも

お札は 残念ながらありませんね  有るわけないですよ お金無くなって 私にせびっていましたから

まだ 生きている旦那さんでよかった  亡くなった方なら 高確率で憑依される  憑依体質だから

寒い冬 心も しおれそうな作業  何なのかな  道具だってもう揃って持っているのに 自分に苦笑

壊れた階段の補修なんかの 営繕工事もさせて頂き  喜んで頂だけたみたい

いろーんな お話し お茶いただきながら 修行のような心持で 拝聴 良くも悪くも これからの参考に

半地下の倉庫に眠る 思い出の日用品まで どんどん出していただき  いるいらない お答えするのも

限界があり  とりあえず  積んで ほぼ 生活館へ 運び込ませていただき  助かりました

なんとか 切りがついて ホッと 腕パンパン へとへと 奥さんに お守りガーデンクオーツを プレゼント

桜のガーデンを いつでも春の心持なんて 気慰め言って 友達に 彼氏からもらったのと言うそうです

明日は我が身にならぬよう 心引き締めて  次回からは 建築作業に集中 諸行無常とわかっていても

坦々と 作業   自分の思い描く処へ   整理 かたずけ 物を集めてしまう 集まってしまう 自分  

自分に与えられた  人生のミッションと もう諦め わり切り出来ています  でも 疲れるな正直
 

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)