終いの住まい

shuku-_DSC5872_201605220452583c4.jpg

終いの住まい 隣接の林  草が伸び 花を咲かせ 賑やかに 初夏の雰囲気に

借景しているので  手入れもしないと  何処までを手入れするか 境が難しい

野生で自生している アマドコロや キセル みづ引き  行者ニンニク など

沢山の野草もあって  安易に草刈り機 振り回したくないし でも ぼうぼうは嫌だし

だいたい5m の幅で 残したい野草に棒の目印たて そのほかの草は20cmくらい茎のこし刈る

そして その茎を足で踏み倒す  そうすると マルチの役目になるし 根が生きているので

半分生きてるけど いきよいは無くなる その方が きれいに刈ってしまって

種から 新しい芽を 息吹かせない方が あんばいいいし  草刈り回数 おさえられる

キープしたい植物の回りに ミステリーサークル できたみたいで なかなかいい

そろそろしないと  朝の日差し強くなる前に そして朝食しながら 草の匂い楽しむ

田舎暮らしの 定番     もう人混みの中では生きられなく なって来ている自分  
 

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)