終いの住まい

1

早く 終いの住まい 続きがしたいな   工場のホコリまみれの 片付けを

ここ半月 一人でたんたんとしている  他人には任せられない内容 

防塵マスクして 空気の汚い バンコック 肌に粉塵が付くと 湿疹が出て  

まめに 洗わないといけない こんな空気の環境で  経済活動のため 

二十二年 タイで 暮らしてる 私達  正しかったのかなと 疑問もわく

れば たら の事 振り返っても しかたない  そこを反省して 館山の田舎に

終いの住まい 建ててるんだ そうだ そうだ   まるっきり  独り言

日本から戻り およそ 二ヶ月  会社閉鎖 作業 ながく感じるな 

精神的にも  肉体的にも  ちょっと きつくなってきたな  もう 一踏ん張り

そしたら  また 続き できるんだ  あそこを どうしよう こうしよう

考えてるだけで  楽しい 施工しはじめて 四月で まる二年 何もかも 初めて

手探りで なんとか 容にして来た   自分でもビックリ 実際の 建築時間は

おそらく 180日 くらい タイから 通いの大工作業 みんなから  エーッ と言われる

ヨーし!  四月位までに 仕上げるぞー   まっ そんなに 急がなくてもいいか

   

Comment

Re: タイトルなし
お気ずかい ありがとうございます

もう少しで 気楽になれると思います けっこう煮つまらないで まっ今日はこれくらい 明日があるさ

そんな感じで やってます   家内からも どっかで休みいれたらと言われます

休みと決め なにか 他の事しようと思っても 頭が梗塞されていれば 休みにならない

だから  問題の現場からは 離れず  しかし 煮詰まる事がないよう 気ぬきしながら

ガクさんの 言うとうり 50も中を過ぎ  体のあちこちに 故障も衰えも そこで 無理しない

それが 残りの時間と 上手く 折り合いつけるコツと 思っています

お互い 館山で 残りの人生  そんな感じで 過ごしましょう  あらためて ありがとうございました

  • 2016/01/07 04:27
  • mossdesign
  • URL
「がんばらないのすすめ」をすすめます。若い時は自分に鞭打って目標を達成しようと頑張ります。それはそれで良い事と思います。でも人生後半に入れば頑張らずに自愛(自己甘やかし)しつつ目標を達成するずる賢さもありかなと。特にまじめにやってきた人にはそういうずる賢さが大きな助けになる場合も多々あるように感じます。

僕も一匹狼的に生きてきて自己を厳しく律することが成功の鍵と信じてきました。実際そのとおりでいままでなんとかやってきました。でも50を過ぎてあまり自分を追い詰めるのは良い結果に結びつかないと気がつくようになりました。明日できることは明日やった方が楽にできる場合が多いし、明日になったらやらなくてもよくなったという場合も少なからずあるのです。

残務整理などはそういう仕事のように思います。明日に延ばせるものは明日やることにしましょう。気分が向かない時は館山にきて好きな事して気晴らししてはどうでしょう。残務整理1,2週間延びても気にせず、飛行機代も気にせず、まあなんとかなるとたかをくくったら?

失礼覚悟で無責任に思ったことを書きました。バンコクの状況は僕の理解を超えた厳しさなんだと思います。独力で仕事する苦労は肉体的にも精神的にも大変なものです。ですので敢えてがんばらないように進言しました。少しでも気楽になってくれれば幸いです。
  • 2016/01/06 12:42
  • Gaku
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)