つぶやき

4

今日 店の廃棄物をごみ処理へ持ち込む 私が捨てるくらいだから 手のほどこしようない物

重量 90キロ 処理代 560円  その帰り口 に山積の 燃えないゴミ 家具 あらゆる物

欲し―  なんで  どうして  捨てられちゃうの  リサイクルしないの  もうほんと頼むよ

かと言って 何でもかんでも モノ集める分けいかないし  リサイクル屋になるわけじゃないし

余り物 使い回し 拾い物 貰い物 の抵抗感ない 私たちにとっては パラダイスの様な現代

物持ちと思われるのは こお言うわけだな   画像のコーヒー道具  これは 新古品

倉庫で永く眠っていて  型落ちになり 倉庫から処分価格で放出  なので 新品です

シンプルで 流行り感じさせない物   新潟 燕三条の作りの良い コーヒーケトル新品

カリタの ウォーマー3ケ月使用  その他 二点合わせ  送料込み 一万円でかなりお釣り来る

そうだな いろんなもの見て 勉強して 活かし方創造して  はめ込んでいった先に

こお言う 物余り時代の モノ達  活かして輝かせて上げられる   安いからと買うだけでは

それこそ 物に溢れる  自分もチョッと溢れてるけど  大半は 拾い物 貰い物  なので

巨大倉庫を 作ったわけです   倉庫見渡すと ゴミ処理場の仕分け終わった状態みたい

死ぬまでに 生かし切ってあげられるやら   古物商許可も 申請しないとな