終の住い

6

お風呂場 から 裏の林望む  露天風呂状態  やり過ぎかな

大丈夫 植木鉢とか 衝立使い ????  誰も 歩いてないから いいか

そんな お風呂場の作業の続き  なかなか 水回りの仕事大変で 後回し

4

大きな鋳物琺瑯の湯船 重い100KG オーバー  一度温まると 冷めない

逆に 一度冷えると お湯入れても 温まりずらい  かーちゃんから 風呂寒いと 猛抗議

まだ完成してないのだから 少々お待ち下さいな   湯船の回りを軽量ブロックで囲み

断熱して 掘りコタツのヒーターを防水して 冬場設置できるよう工夫

コタツの 囲い込みポカポカ原理利用して 冬対策  外で薪ガマで 湯を沸かし

それを湯船に入れる仕掛けも  陶芸や 鍛冶仕事 兼用のロケットストーブ型の 炉

浴室ちゃんと 回りも閉じて 折り畳みのドアも付けて ちゃんと湯気たまるように

広々 ポカポカ 露天気分  のお風呂 できるから こうご期待だ かーちゃん

まだ完成 してないので 続きは 次の終の住い遠征  かーちゃん来るまでには間違いなく完成