終いの住い

6

かーちゃん  排水の為の 側溝の溝堀り  片ツルハシ握って 根気強く頑張る

このあと U字溝 角度とりながら埋める 回りの土留の為 石組もする 二日仕事

私の 指導の下 かーちゃん 頑張る こんな事 嫌がらず楽しんで出来る うちの かーちゃん

夫婦というより  同志だと かーちゃん 連呼している  まー 呼び方は何でもいいです

映画の 二人の桃源郷 や 人生フルーツ 見て思う事   夫婦が 同じ方向いて生きる事

趣向が ある程度重なって お互いに寛容になれる事  お互いある程度の依存 支え合い

相手への信頼  そして理屈ぬきの 空気のような存在  恋愛などの発情期では なしえない

そんな深い絆   恋愛期の絆などは 発情の賜物で もろいもろい  時間かけ熟成した

お酒と 即効で出来たお酒  そんな感じ  価値も 味わいも 似てひなるもの

当然  元は その発情期経て 発酵 熟成 していくんだけど  人の世界では中々大変

発酵すらせず 腐敗  元から痛んで変な菌が付いていたり  ミスマッチで発酵できなかったり

そんな事が 下世話な 芸能界のゴシップ目にしても多いな  普通のご夫婦にも

だんだん 恋愛する事さえ めんどくさく なって   とても インスタントな人生選択を

悪いわけでもない  生涯独身 6畳のアパートで 趣味のプラモデルに埋もれ生きて

62歳 で癌  余命 半年  緩和ケアーだけ受け 最後はプラモデルに埋もれ最後を

これだって 悪くはないと思います  プラモデルの世界で 心は生きて来たのでしょう

顔も見たくない お互いが無理して  生理的に合わなくなった お互いが  

一緒に 過ごすなんて 地獄   大事な時間 地獄なんて  そんな事が そこいらじゅう

お互い 理解深まり 空気のような存在で  人生の終焉迎えられた ご夫婦が人生の 成功者

そう この二組のご夫婦見ていて 思う事   みんな 自己主張だけ強くなり 子供ぽく

どうして こんな感じになって来ちゃったのかな  便利に 安易に 表面的な 拝金社会が

こんな 人間関係 産み出しちゃったのかな  私達 結婚40年 知り合って45年

当然 山あり 谷あり  会社勤め止め 独立して 20年  お互いさらけ出さないと 生きて行けない

そんな 自営業  会社勤めしていたら 私達も崩壊してたかも  さらけ出し  生きて

子育て 事業 夫婦で してきたから  お互い見えて来たから  今に至れたような

お互いに 限界や 良い時 過ごし 向かう方向も 人生観も  すり合わせ出来たような 自分達

朝出て 夜帰り  休日は疲れ果てる  そんな 会社勤めで どこまで  人生共有できるのか

私は そこにも 大きな障害があるような  経済 最優先のこの世界  しんどいな 本当に

二人の桃源郷  人生フルーツ  こんな方達の 足元に近づけてるかな どうかな

この 二組のご夫婦に  共通してる事  土いじり 作物育てる  世間と距離をおく

そんなところに  何かヒント あるような   結局最後は そこなのかも  勉強しよう