終いの住い

1

季節風 の 大西  冬から春にかけ 月の半分くらい吹いてる感じ  海の近くなので尚更

台風も 谷あいのこの場所 谷風と言って増幅してさらに 強風  豊かな自然 と 厳しい自然

玄関の引き戸 木製 しかも年代物  なので  風よけの板塀  ちょっと暗くて 閉塞感でるかな?

いやいや  いい感じ   横殴りの雨も防げ 強すぎる日差しも 半減  おーっ いいぞ

塗装もせず  無塗装で 銀色になるように 神社やお寺の あの枯れた古びた色合い

手前の 柱の色目  住みながら いろいろ 補いを考え 完成させていく 終いの住い

3

東の 裏にぬける 犬走り  犬走りと言っても 幅1メータ  台車に荷物載せ 通れる

11メーターの 散歩 林観察  ビオトープになる池や水路も  脚立の後ろにある

浅井戸 から 水を引く  軒のばしてあるので  傘いらず   ちょっと風流

まだまだ 工夫 こだわり いっぱい   追々  はじめて作る 本格的な家

工夫とこだわり と 同じくらい 失敗 ごまかし 有ります  ここで学習して

店に 生かさないと  だいぶん アイデア煮詰まってきて  こーっ 興奮して

勇み足ならぬよう  気を少し 海遊びにむけ 散らばらせています

ほんと  南のファクトリー とか言って  まったく タイの事 話題にしない自分

心 ここに在らず  いけない いけない  頑張って素敵な服作ります