とある 富豪の呟き

格差社会 広がり 昔の 貴族と奴隷のような平民  そんな感じに向かってるとの事

事業 成功して 巨万の富を得た老人 週末 愛用の3億円の豪華クルーザに乗り

港を見渡し  こう語る いろんな船がここに 中ぐらいの船 小さい船 手漕ぎのボート

みんな楽しそうに笑ってる  ん 笑ってる  私なんかより 楽しいのかもしれない

そう  呟くように 語った  努力して 事業を広げ チャンスをつかんだ

今の時代は  努力すれば チャンス掴めるん いい時代だと思う  

でもそんなに 事業に 成功しなくても  楽しいのかもしれない  

それが 何を言っているか  そこに人生の本質 を 垣間見た