開店 資金

7

自宅の前を MOSS ランチガーデン にするべく 作業毎日しています

手入れ してなかったので  片付けから  片付けしながら構想  いつものやり方

ストックの材料 もらい物を 頭に入れて 出来るだけ新しいモノ買わない

ストック 恐ろしいほどの量が  もらい物 皆様の帰国 引っ越しに合わせ いただいた物

冷蔵庫 冷凍庫 炊飯器 キッチン用品 いろいろ  ランチの店の道具 ほぼ 揃う

近所の建物解体時に出た 階段の板 基礎に使っていた 大量の埋もれ木 

大きな合歓の樹 伐採されたもの 製材して 3年寝かした 板   まだ有るな

これを使い ジャングルジムのような 構造   強度を考えながら  解放感 保ち

不思議な空間  最終的にどんなの出来るのかな ワクワク  半年後オープン目指す

半年後と 言うと  みんな エーッ そんな先 なのと  私の中では当たり前

ちょんちょんと 作って オープンなんかしない   お金もかけない  かけられない

あっちも こっちも 建築してるので 資金もたない  総予算 削りに削られ 5万バーツ

すでに 2万バーツ使ってる  15万円で 店を開けと かーちゃん  文化祭の出店レベル

仕入れは 5万バーツ予定だけど くれるかな?   資金無いので 本日休業 笑える

もし 稼げたら 金利とか 処場代とか 夫婦の関係での巻き上げ  いろいろ考えられる

お小使い 少しだけくれて  ぎっちり管理され  このあいだ 屋根 買ったでしょて たしなめられ

少しの 小使い とは 近所のヤマザキパンで 思いっきり買えるぐらい

スタバの コーヒー 高くて飲めねー  そんな気持ちになるぐらいの 小使い  たぶん

でも  これって らくちん   持ってなかったら  選択ないので 考えない

持っていて  適当な使い方で 知らず 知らず シャレにならない金額 アワと化す

そんな時代もあった  ストレスで買い物依存症に なっていた  会社の帰りにデパートにより

さほど 買いたくもなかったろう 物を 買う 何かやけくそのような お金でうさ晴らしするような

お金なんてと 掃き捨てるような   毎月 何千万の売り上げ 生産こなさないといけない

何百人の 給料 仕入れ  絶対こなさないといけない  そんなプレッシャー  資金繰り

三十代の 私には 経験も少なく 消化しきれない そんな ウサを晴らすかのような  金使い

38歳で 商社とのトラブルで 爆発して退社   それから独立  有る金額の中で やりくり

かーちゃん が してくれる    本当は大きな会社でも かーちゃんみたいなのが いないと

でも 貸せません 専属契約してるので     なにか どうしても 欲しいモノ有る時は

申請して  ほぼダメなので  気長にせびれば  誕生日あたりでの可能性が、、、、 らくちん

コンブ  なにか 欲しい物あったら かーちゃんに 言え  たぶん すぐ買ってもらえるぞ

俺は 買ってもらえないんだ   聞いてるか コンブ!  手伝え ! ジャマだぞ!