種について 思う

前々から 思っていたけど 改めて確信したことが

猿という括りで単純に考えると  猿 なのだが 原猿 から 類人猿 まで 様々

その先に 万物の霊長 と勝手に 位置づけた  人間 がみたいな 考え方

人と 括ってしまえば 単一なのだが  人種と言う  猿と同じように 種が

未開の地に行くと 類人猿 と変わらない行動の方達 も いる

DNA が何とか言って ライン引き有るみたいだけど  さほど オラーウータン ゴリラ チンパンジーと

差がないようにすら 感じる  何を確信したかと言うと  人にも 人種と言われる以上の

種の格差を感じた    工場の整理のため 正月も工場に詰めきり

向え側にある とある工場  正月だけど 帰省せずに 道にダンボールを 敷き 宴会

男女あわせ 7人くらい  安酒で 酔いが回り  一時間もせず  奇声を発しはじめた

言葉も タイ語でなく まったく違う言葉  ミヤンマー人? でもないな  憶測であるけど

国境あたりの 少数民族 なのか  吠えあうように喋り  遠くに 聞こえるような 発声

あまりの 奇声に 外を見に行く その動きや 様子  今まで見たこと無い感じ 表現むずかしい

これは 私とは別次元の 人  猿に ニホンザルがいて  アイアイ いるように

人も 同じ事なんだなと 改めて 肌で感じた 新年  別に 差別 軽蔑 区別 ではありません

分かりあうなんて  難しいのあたり前  むこうから見れば  こちらも 違う種類の 猿なのです

ちょっと 知恵が有るだけ 大局的に見れば  どんぐりの背比べ  同じような生き物

人にも 猿と同じように  種類が 明確にあること痛感 した  年始でした 

これ以上 突っ込んで 書き込むと また 偏見に満ちた 内容になるので  止め

ノリが違う  まー 単純に 楽しそうで いいんじゃない  少しうるさくても 

気にしない  気にしない   昼から 夕方 まだ終わる感じ ないな