終いの住まい

1

玄関の上を 古窓で 埋める はめごろし と 開閉 交合に 開閉には 網戸も

夏までに  まー恐ろしく手間なことして  息子とかーちゃん からは 下の一列

だけして あと アクリルガラスで 埋めりゃいいじゃん  ん~ 解っちゃないな

普通に 思いつくこと してたら  普通の家になっちゃうじゃん  こんな面倒な事が

あとで 雰囲気かもしだすわけで  、、、、、   ガンバレー 二人で合唱    なめてる

2

陽も暮れて 早めのの夕食  今日の作業の出来 あーだ こーだ 肴に チュウハイ 一本

ほろ酔いで  見上げた 窓から  月あかり  東南の丘から昇る   そんな一人の夜

明日は あそこを  あーして こーして   コメリに あれ買いに、、、、、 いつしか 眠りに


秋の日暮れは 釣る瓶落し  午後三時頃から もう赤らむ空  五時には真っ暗

陽が降りたら  作業はしない 夕食のしたく  六時には食事して 猫と遊んで ほろ酔い

早い時は 七時 に眠りに着く   ちょっと 早すぎる  夜中に目をさまし 作業開始

読書して と言ってもデザイン本 書き物 したり 思いついた事 メモしたり

そして 二~三時間後 また眠る  陽が昇ったら  ほぼ同時に 作業開始

厚切りトースト に  ボゴダのコーヒー  腹におさめ  開始  いつも六時位かな

十時にお茶と うたた寝   昼前に もう一仕事  昼前後から 来客しばしば  

このあとの  スケジュール は 成りいきまかせ  何とか もう一仕事と 何時も思う

皆さん に 出来たら 急ぎでない 用事は 4時以降 くらいに と お願いする

偉そうに すいません  でも タイから 私 膨大な運賃かけ 建築に来てるわけで

地元の方の   定住サイクルで動くと   えらい高い 職人さん   本当に

もー  定住した あかつきには  日々 茶のみ話 明るいうわさ  参加させていただく

所存でございます   地元の皆様 ご協力のほど  よろしくお願いします