終いの住まい

4

おかえりニャさい   家のなかでまっていた  娘ネコ  弟どうした?   しらニャーイ

8月中旬  湿気強いな  本は湿気でしっとりして 波打っている   すごいなー

小屋の布団も うっすら カビて  こりゃこのままじゃ使えない  コインランドリーで洗って 乾燥

明日 息子が紹介したい人と一緒にくる  かたずけないとー  一昨日の夕方に 館山入り

その前日まで 息子のいる 自宅で クーラーの効いた室で 甲子園見ながら おやじ野次飛ばし

漫画読みふけり 二日愚だらしていた  ある意味 幸せのひと時    荷物の整理もしたな

一個みちゃ あーだこうだ  ついには 思い出に浸り  息子から  やる気あんの  クレーム

そう 自宅に立ち寄ったのは 荷物を館山に移す為の整理  一階を空けないと  息子のお店

創められないわけで 遅れている原因は 終いの住まいの 遅れ   すいません

なんとなく 終り  明日 館山に入るわ    息子 じゃーあさって 俺も 合わせたい人が、、、、

はっ! そんで持って大騒ぎ  お盆で バスだって思う時間とれず ついたのは夕方

息子いわく  この日しか相手 休みとれない  宿も無い  あっても足元見て異様に高い

だから  小屋で泊まる  泊まるたって  3畳足らずの小屋 エアコンなし  いいのか?

一泊だから いいんじゃない  息子 こちらの困惑 まったく無視   ちょっと迷惑かも

気にしない 気にしない だって女の子でしょ どう考えても  おじさんなら そこらで寝ろでいいけど

おじさんぽいから だいじょうぶ   なんだ  なんだ    すごく 非常事態だぞ

大騒ぎで 出迎えの準備    翌日館山駅に迎えに   はじめましてと彼女   はじめましてと私

声の低い  おじさんぽい 彼女がそこに  いい意味でのおじさんぽいだからね  緊張しまくりの彼女

美大での 同級生  同じ学科    私も少々 緊張ぎみ   お互いどんな生き物か 探りあい

息子 その様子見て 楽しんでる   嫌なやつだねー  いつもながら    あんまり緊張させると

彼女 ゲー しちゃうからね と 私に ジャブを入れる   途中で薬局よって  酔い止め 購入

ゲーしちゃいそうだったのかな   こんなに 優しいわたしなんだけど、、、、、、、、

1

帰り道に オドヤにより 買い物  基本外食しない息子 その日の夕食も自炊

わたしの  傑作 キッチンで   なんとも  不思議な光景  目にしています

ねー 二人ならんで  料理   なんとも 馴染んで  付き合って六年  だそうな

よくぞ 隠しとうしてきた   気が会うんだろうな   ちょっとブスなほうが 味がある

作り美人なんて 三日もすれば  地が見えて退屈  気の会う 会話できる 相手が一番

うちのかーちゃん も そうだもんな   いけない いけない 失言  俺は ハゲでデブ だった


続きは また 明日  おもしろいよー