タイ の 戸手

ドアノブ
先日の 日本出張で見つけた 素敵なドアのトッテ やられたー!見たいな感じ 

和菓子の木型 それをドアのトッテに イイ見立て  魚料理中心の和食屋  お値段も良心的

内容も 期待を裏切らない  さすが日本  タイのなんちゃって のお店とは違います

媚びてないのです お店自体が 店員の受け答えも違います  店員集まって おしゃべりなど していません

ちゃんと お客の様子からは目を離していません  店員の数だって本当に少数 精鋭  日本グレード

こんな レベルの日本を 日本人が価値を認識していない 意外性や刺激だけ求め 目が外へ向いてしまう

たいした事ないですよ 大概の事は 日本が上ですよ ただいろいろな事が成熟しきって 伸びしろ無く

閉塞感に陥ってしまってるだけ  他の国からは 集られ 陥れられ 嫉まれ ちょっと衰弱ぎみ

その中に 突き詰めた幸せを 拝金主義でない 考え方や 物欲でない 素敵な価値観も産まれ

変わろうとしている日本が 今此処にあります  二極化しているのですが 陰と陽はいつもセット

もう55歳 だけれど もう一度生まれ変わり 自分の思う高嶺に身を置きたい 必ず置きます

高嶺と言っても たいした事ではないのです   丁寧な日々の暮らししたいだけなのです

三度の 食事をちゃんと味わい  作業のあとのお茶や会話楽しみ  自分のペースで時を過ごしたい

食べ物は食べ切る 使えるモノは 使い切る 始末の良い暮らし  頭をモノづくりに集中する それだけ


今は 90% 外の事で頭 拘束されています  しかも後ろ向きなこと多く 自分のマインド持ち上げる

ことに必死でしたが もう持ち上がりもしなくなって来ました此の頃は  脱皮の時期 近ずいてますな

ガラスに映る 亡霊、、、、、、、、、、、  私です