なが電話

背中
息子と 久しぶりに電話で なが話 しました

いつもながら 洒落の効いた話 楽しそうな息子 その裏の葛藤も 父は見抜いてますよ

最近 世の中の大きな陰謀が 気になって  私のこの内容の会話に対し 息子の返答

自分の身にまだ起きてない事を そんなに心配しても どうする事も

自分に正直に 目の前に起こる事に対処するしかない 情報に振り回されては ダメ

今の 世の中は 搾取の情報だらけだから 自分のスタンスで 冷静に見なきゃ

そうだね  情報に踊らされ ハチのムサシになっちゃったら ダメだよな

  息子の言葉 受け 私の 過大解釈

目の前の事は 次から次へと過去へと とどまる事無く 思い出となったり 記憶となったり

自分にとって 目の前の?身の前の 起こる事がこの世のすべて  だから自身の目の前に

起きてもいない事を そんなに心配しても 愁いても  そんなことで自分を拘束しなくても

自分を しっかりもち 自身の前に起こる事に 正直に正義で 対処すればいい それだけ

そうなんだよ  それしか 凡人の自分には 人嫌いな自分には それ以上の事はできない

人類が 困った人が なんて  思えない自分  強欲渦巻く人類に 対処できない自分

人として 生まれた事を受け入れるしかなく  命ある間 こっそりと時を過ごそう 


息子 に 相変わらず 正される 父でした