年の瀬に

お日様
今年も残すところ あと四日 会社のパーティーも今日終わり なんとなく年の瀬 実感

本業のアパレルだけで言うと かなり良くない状況 でも元の基準がそもそも おかしいのかとも思う

お店 八月にスタートして へんな店なんだけど イロイロな皆様に可愛がっていただき なんとか

なんか これから こうして行こう 皆が必要としていることは これだろうな と少し見えたような

これから かなり 痛みをともなう変化が 間違いなく 日本に来るナーと実感 しています

経済優先で やっていくと安部首相 かなり強権な事になるだろうなー しかたないか しなきゃ

そんなこと関係なく 自分のする事 していかなきゃ やる事 山盛り その先にしか自分達の未来はない

この年末に 運命的な一冊の本に出会いました 自分の思っていた事 実感してきた事を 端的にあらわした

ホワイトウルフスピリツ かつてアメリカ大陸で自然と共にあった人達の 教え 現代にさえ通じる 教え

インディアンという呼び名自体 失礼なこと 年明けから これを引用して折に付けブログに登場させようと

それくらい 私の心に浸み込みました  バイブルを手に入れたような  運命的な教え  宗教のような

偶像崇拝でもなく 邪心のカケラも感じない  自分達はは何なのか 納得させられた 受け継がれた教え

今 このタイミングで 私に伝わってきた  少し大袈裟かも知れないけど  気が楽になったような

来年に 向かい 新たな指針  迷った時思い起こす  何処から考えても ストレートに正しい教え

抽象的なごまかしも無く  下心も有り様も無く  お金からまず  ただ伝えたいだけの教え