スターフルーツの思い出Ⅱ

先日のスターフルーツの思い出 の つづき パソコン調子悪くって スイマセン 催促いただきました

とにかく初めての海外 外人だらけ インド人 チャイニーズ 欧米人 マレー人 中近東人 衣装でわかる

人種のるつぼだ  言葉わからナーい とにかくはじめての事 言われるままに あっちこっち

引っ張りまわされ なんと言おうか 今考えると カモねぎおのぼりさん 本当に悪い添乗員だった

おじさん達のおごりで 何処でもゴウジャスな食事  北京ダック 産まれてはじめて食べた 

なんか 特別騒ぐモノじゃないなー と言うのが本音 マーライオンに連れて行かれて 説明聞いた

なんだ このショボイ セメントの像 時間の無駄だ あー日本て素敵だなー改めて思うのでした

そこへ サッみなさん集まってください 言われるがまま  その正体不明なんかの案内役と思う人

私は 日本の歌が歌えます 何の違和感も無く観光客先導 赤いりんごにクチビル寄せてー♪

なんだこの人は 下手な歌で 物乞いするおじさん しかしマー よくこんなこと 思いついたナー

ヘビ使いだ 島を渡る為の壊れそうなケーブルカー  ナンジャこれタイガーバーム公園 

強制みやげ売り場 まわり インチキ宝石店めぐり  いまこれ全部衰退している  当たり前だなー

初めてで 異国の雰囲気に慣れてないから 付いていくかて感じ わかってたら切れるなこれ

添乗員 とにかくコミッション取るため必死 なんか おじさん 添乗員 タライマワシ 詐欺師

どれも これも 二日目にして 疲れてきた フー かーちゃん暑いね 大丈夫

高島屋でブランド品見てもつまらない  とってつけた南国パブで 出来合いカクテル イマイチ

明日 夜のツアーキャンセルして ホテルの周り散策してみよう そうしよう ホテルも落ち着かなしね

オーチャード通りは イルミネーションでキラキラ そのはずれに フルーツ ジューススタンド

見慣れた果物から トロピカルフルーツいろいろ  果物選んで ジュースにしてもらうシステム

その中に 星の切り口のフルーツ なんだこれ かわいいなー これ飲んでみよう 飲んでみたい

この星の果物 他のフルーツより高かった 果物の女王様だって 今 思うと適当にあしらわれていたな

冷たくて 酸味有りサッパリ なんとも言えない清涼感  美味しいね  今回これが一番美味しい

きっと 美味しいモノ食べさせてくれてるんだけど 美味しく感じないのかな  親切な人達だけど

二人で 散策 美味しいねー 面白いねーと言いながら 日本にいる時と 同じ事してるだけ

ほら 幸せな事なんか こんなこと  やけに美味しい スターフルーツ

その後 海外に出ることなど無く  潮干狩りや釣り 骨董店めぐり なんかして日本堪能 いい国だ

その後 二度目の海外は タイ駐在  こんな自分達  よく今までタイで持ちこたえてます

若かりし頃の  幸せ再発見 スターフルーツ でした   甘酸っぱいころあったんだなー

かーちゃん 聞いてるか 甘酸っぱい時過ぎ 醗酵進んだ関係の私達 いいアルコールに なってるかなー