この頃の気持ち

三日月2

この頃 本業のファクトリーに気持ちが向かない 非常にまずい事  どうしてだろう?

お店はじめて あらためて色んな事考えはじめてしまった  解っていたけど  

モノ作る仕事  本当は大好きなはず でもいつの間にか嫌いに? 嫌気? 楽しくなくなっていた

気持ちの 入らない 管理という こなす お金のために こなす為の作業  まるで道具

きっとこんな事が 働く多くの人を不幸にしている ありがとうも無く いいですねも何も無く

タダ 意にそぐわなければ 苦情だけ  どんなに考え苦心して出来たモノでも  当たり前

アイデアも 技術も 知識も リスクも ある時は資金までも 作る側にかぶせ  道具扱い

ある時から感情が仕事に 入らなくなりはじめた  本当はファクトリー廃業した方が良いかも

でも 積み重ねてきた事 経済的な事 従業員の事   自分の感情  天秤にかけ

ふらつきながら  ここ数年 過ごしてきた  それまでは一心不乱に モノ作りに明け暮れてきた

お金の道具として モノを作らせる 管理だけで 自分達の都合だけで 気持ちもいれず

こんな 資本主義的で 利益だけ求める行い  どれだけの人達に嫌な思いさせているか

必要以上に 儲けた先の おこないも お見透視  くだらない  本当にくだらない 奴ら

金だけを 追い掛け回している奴ら その道具になるのが 嫌になって来ただけ  それだけ

店をはじめて 使う人達と 良いことも 悪いことも 全部含めて  気持ちがそこに 人がそこに

小さな金額だけど フェアーな関係がそこに どんな物がみんな欲しいのか こんなのどうですか

喜んでいただける声 が どれだけ励みになり 生きる糧になるか 体感してしまっただけ それだけ

この写真のように  気持ちが膨張して 現在の枠に 収まらなくなってしまった 自分

さて どうしていくやら  。。。。。。。。。