警告 忠告 

葉っぱ3

25歳になる息子  先日 用事あり友人と二人という事もあり しかたなくタクシー

タクシー乗車 どこ何処 お願いします  運転手 返事も無く憮然と出発

そこで息子のとった行動  友人にむかい あれだよ さっき見たいに人に話しかけられて

返事もしない 挨拶もしない いくら嫌な事あったてプロなんだから お金もらってんだから

友人も息子と付き合い永く 心得たもの  ニヤニヤしながら すいません彼女とケンカして

でも お客さんには関係ないよな 本当は御代いただけないぞ 次からお前見ても そのお客さん

絶対 声かけてくれないぞ お前だけならまだいいけど  店にも近寄らなくなるかも  すいません

そこで 聞いていた運転手 そうだぞプロと言うことは そお言うことだ いいこと言うね兄ちゃん

二人は 顔を見あわせ 笑いをこらえながら 首を立てに振ってウナズキあいました

相変わらず  やっている息子  根っこは私ですが グレードアップ している気がします

ちなみに 息子 お店的な仕事は していません  つくり話です  変な奴


自分のことは 自分知っているつもり だけど見えてない死角あり わかっているのにしてしまう

あやまち 忠告してくれる人いたなら 聞く耳もたないと  忠告してくれるとは ありがたい事

タクシーの 運転手さん わかったかな?  自分の事として後で置き換えできるかなー 無理かな?

嫌な事に 腹立てず こんなイナシかたする息子  なかなか寛大でいいな   ん! いい  

そして変人息子に 付き合ってくれてる 友達にも 感謝   これからも よろしく

かーちゃん 日々毎日 膨大な 忠告警告 ありがとうございます 十回に一回くらい心の隅に届いてます