再生  着物

2

集めてた?  集まってきた?  着物たち  経緯はいろいろ

スタッフが  着物を綺麗に ほどいて 布の状態に

着物の 布地デザイン  本当に奥深い 職人芸術の世界

そんな着物を 伝承するほどの 知識も 知恵もなく  痛んだ生地もあり パーツに使い

洋服に再生  洋服とか和服とか の呼び方が もうしっくりこないな  何と呼んだら

んー  ピンと来る呼び名 考えてみよう   さてさて どうやって 生かすか

来月に 店に並びます   私 いない間のスタート かーちゃん 頼んだぞ

再生  着服?  和洋服?   もす服  ん~   ダメだ  思いつかない  宿題

アパレル事情

mossindex.jpg

明日 ランチ は お休みです    

アパレル事情   二十年前には 二十億枚供給  現在は40億枚

そして 衣料の支出は 二十年前の 6割  これは日本での話し

どんどん 物は安さを求め グローバルという 国境を越え 安さの追求

いくら安くしても もう 溢れた過ぎた物は消費されない  毎年10億枚がだぶつく

どんどん それが ストックに  さらにそこに 国外からのストックも入り込む

もう 原価など 関係なく  1000円の物が 500円で 売られるような

元々 低賃金の労働従事者を さらに賃金を抑え込む  日本に研修生と言う名目の

労働者を連れてきて 酷いあつかい  もう本当は生産過剰で 自分で首を絞めてるんだ

設備がどんどん よくなり 生産性が上がり 生産過剰   こんな状態が もう二十年

私が タイに 赴任した 事情もそんな事  独立した二十年前  日本 バブル弾け

低迷  そんな日本に向け 商品供給  大量生産の消費低迷に伴う 小ロット 多品種のリクエスト 

個人の小さな工場  そこを狙い 起業   本当は一番 割りがあわない仕事とわかっていた

でも 生きる為 経験値の高い この仕事をしかたなく    小さな規模を利用して 小回りきかせ  

何とか 二十年 生きて来た  それも限界 過剰品がこの小さな生産すら 終わらす

さらに 考えたのは 更に小ロット その代わり 直接販売   それで何とか生きて行こう

必要とされる分だけ 供給して   生き残っていけるかな  半信半疑 

自分ですべての リスク背負い結果を   だから 誰とも折衝事などしなくていい 

気楽で 自由な 時間 取り戻す いかに くだらない事にくだらない相手に 気を病んでたか知った

6年経って 何とか多少の利益だせるように  多少でた利益で 終いの住いなんか作りながら

日頃の暮らしは 本当に無駄ずかいしない  贅沢ごとの虚しさは 見抜けてる 自分達

従業員にも  できるだけの事していると 自負してるけど どうかな

みんな  退職せずに  ながくいてくれる  不満 無い事など ないだろうけど

まー   生きずらい しんどい世の中  なんとか ここまで生き延びてきた 奇跡的   

社員に感謝  かーちゃんに感謝  自分に戒め  もう少し頑張ろう 
  

うちの 店て

MOSS2


今日は すごく来店のお客さん多く 服も アクセサリーも お茶も 石も よく売れた

明日から 四連休  そして来月早々から 日本人学校 夏休み  一時帰国需要かな

そんな中  ランチ  3名様   常連の方   ゆっくりと食事の後も お話しできて 

いろいろ 参考に   こんな時間  お店 身寄りに尽きるわけで  至福の時間

思った  最高十人くらいまでで ゆったりできる感じ  維持したい

なので  店での公示だけで   食堂したいわけではない  コミニュケーションの場に

今日も 初対面同士の 常連さんが繋がる 話弾む  こんな感じで MOSSで知り合い

お付き合い 続けてらっしゃる方 大勢   かーちゃんは そんな事が嬉しいと言ってます

そうですね 集会開くには あまり向かない 店環境  一人で ふらっと来てまったり食事

何かのきっかけで  お知り合いになるような  そんな店だな ここは  

今までも お茶いかがですかなんて かーちゃん 言って  お客さん同士の和が広がって

そう考えると  こんな感じでいいよなー  自分達の食事 丁寧にがてら  皆さんにも

材料代に なればいいや     手の込んだ イイワケ??   腑に落ちた

料理の 勉強にもなるんだ  ちょっと上手く行くと 妙に嬉しい  レシピ作り

この週末は  服のデザイン パターンの仕込み   ねじり鉢巻きしめて 頑張ります


明日の メニュー 今日と同じ  以上   態度 だいぶん雑になってる  でも 美味しいです

毎日 皆さん 完食    私の目が怖くて 残せない ん?  

ランチ 準備

にわとり

体が 追い付かない 頭はどんどん回って 先に行くのだけど  体がついて行かない

今日 外のガス台 炭火使う台 設置  画像忘れた 明日  ガスのボンベにつなげて

着火  どれもこれも  中古 どころか 大古  工場で湯沸かしして 20年使ったやつ

近所の マクロビの先生から譲り受けた おそらく10年は経っているだろう ガス台

炭火の窯も 20年モノ  なので 詰まっていたり 錆びていたり  メンテ メンテ

家の中で 夜中 ランチの下準備  焼き 揚げ は 外で  家の中では 無理

二人分ならしてたけど   キッチンの換気扇 新品で設置二日目から 使用不能

苦情言って 呼んだのだけど のらりくらり 結局 来ない お金受け取ったら 興味ない

二十年前の話 それ以降 換気扇なし  よほどの時は 玄関から 扇風機 で

なので ランチの 焼き 揚げは外で  その方が 大胆にできて 美味しいのができそう

本日は  その設置で 疲れはて 終了   昔は 新品買っていたけど

最近は  有るものでどうするか  それだけ 棄てないで 溜まっている

断捨離も 平行作業 今日も 段ボール 6つ 棄てた   くそー  もったいない

そんな事しながら 思いながら しているから    疲れはてるんだ

全部 捨てて  新しいの ポンポンと置けば簡単だろうに  本当に

ジャンク道 極める者としては  それはデキない  自分を否定するような

体が追い付かないのでなく   よけいな手間ばっかり費やして 追いつかない

そうだそうだ  体 ゴメン   元気な若者でも これやったら 疲れはてるわなー

画像  以前 ファクトリー近くの 野外レストランで ランチしている時

そばで ジーっと ニラム 雄鶏   店の人が その今 食べてる チキン

こいつの 奥さん と言いながら 大笑い ブラックジョーク  たまんねー  

冗談だろうけど   半分 本当かな?    大らかで 楽しかった 昔の話