苔 畑

  • Day:2020.06.30 19:45
  • Cat:植物
2
苔 栽培 いろんな秘密のポイントから 苔採取   沢周りで栽培
3
流木に 苔を着床させ この沢で培養 水温が常に19℃ ほぼ理想的な環境 

当然 湿度もキープされて  流れの中に 半分浸けて 腐葉土からの栄養も適度に

4
苔って 環境がいいと こんな生育して 別の植物のように  うっとりするくらい 奇麗

種類もあるけど  今から モス ジャパン オープンの準備   なんたって  MOSS

10畳くらいの 繫殖場 作成中  苔リューム と 苔の庭を 店に展開  大々的に

タイの店で 出来なかったこと  今度はおもいっきり  こう ご期待

そば

  • Day:2020.06.28 01:28
  • Cat:植物
1
空地に そばの種 蒔いて スギナに負けずぐんぐん育ち 花咲かす 白い花は

清楚で いい  霞のよう   荒れた土地でも育ち そばの実もできて ありがたい

しじみ蝶が 蜜を吸いに 集まってくる そして受粉して 実がみのる 蝶の幼虫は

毛虫 何かの植物に卵産み その植物の葉を食す 害虫  本当に害虫 ?

人の立場からすれば 害 でも いなくなれば 自然のサイクル途切れる

根絶 しては 絶対だめ  ちゃんと逃げ場つくっておかないと なので 何時も心に

半分は 自分達 半分は 生き物たち  自家用ならそれでいい  虫駆除もほどほど

人の手の入らぬ  状態の場所があって かろうじて生き物たち 生き延びてる

みんな 人の手はいれば たちまち  里山のサイクルなどもう 今はない 

まわりの 田んぼには 生き物の気配無い  水源にある 終いの住い かろうじて

農薬の影響うけず 生き物が あるていど それでも減ってる  虫がいるから 鳥も来る

中国の文化革命で 米を食べる スズメを 害鳥として徹底的に駆除 その結果

虫が 大発生  数年にわたり 大飢饉  本当にバカな共産指導者のため 数千万餓死

バカが 指導者の悲劇   日本も言ってられない 現況 とにかく 自分で考えて生きないと 

農薬まいて 収穫量あがる  食べ物を手に入れるという 人の都合は満たされるだろうけど

これ 中国と同じことしてるような  とにかく 人が増えすぎた 駆除される側になってる

コロナ 騒ぎのような事 次々 起こる  人の営み調整期に  自然の摂理

そば 実ったら そば粉挽いて そば殻とって  来年の種も 置いといて また咲かそう

花も 蝶も楽しんで お蕎麦ちょっと食べれて そば殻枕 作って 楽しいよね

種は スプラウト用に いただいたのですが 蒔いて栽培  ありがとう ございます

芽で食べるより  花咲かせて 実らせてあげたい  私でした 画像はそのタネの そば達

元気で 育ってます    来年は空地あったら どんどん蒔こう  葉もかわいい  生け花しよう 

見たことない 

  • Day:2020.06.10 22:35
  • Cat:植物
1
キーウィ―の古木に  見たことない  植物? プラスティックの様な パリパリ感

何をどう 調べても 見当たるものなく  寄生植物であろうと想像できるけど

けっこう 見栄えも 派手で  もうちょっと 調べてみます 知ってる方いらしたら

ぜひ 教えてください    知らない事だらけだ 自然界

苔Ⅱ

  • Day:2020.06.02 01:49
  • Cat:植物
6
奇麗な水をタップリ吸い  新芽がではじめる   気にしなければ 影のうすい 苔

でも そこを意識してのぞいてみると  まか不思議で なぜか癒してくれる 強く主張せず  

ひっそりと 鴨長明の生き方のような 立派な 庭も 盆栽も この苔なしでは演出できない

そんな 存在  その中に 私は宇宙を感じる  見当もつかない 見ることも できない 

天空より 目の前の小宇宙に 親近感    MOSS の 店名 ここから 

大きい 商いより 親近感のある商い  大量生産に関わりウンザリした後の 私の結論 

9

もう 人の世界に あまり気を向けず 自分の感ずる小宇宙に気をむける そこには静かな時間

コロナで大騒ぎのこんな時こそ  対応する事して あとは 気を小宇宙に置く

焦り 悪あがきしても どうする事もできない事は 分離 自分でどうにか できる事だけして

あとは そこから 気をそらす    別の言い方すると  開き直るということかな

  • Day:2020.06.01 04:56
  • Cat:植物
8
集めてあった 苔 流木や砂岩に着床 沢際に置いて 様子見  いろいろ実験

ガラスの フレームに入れるのも いいけど やっぱり 自然に溶け込ませる感じで

砂岩 流木 海から集めた物多く  雨水で半年さらし 沢で一週間 流水で晒す

これで おそらく 塩分は抜け切ったかと  地面掘って 土出すとき 粘土混ざっていた物

分けておき それを練って いろいろ混ぜて 苔の接着剤  細いスパン糸で軽く巻いて

出来上がり  水ためた盆などに 置いて 霧吹きこまめに  家で鑑賞  3日 4日 で

また 沢にもどす  優雅ですな   苔玉に使うのに向いてる 苔 捜索中

バイクに乗って  林道 や 側溝 苔探し 目立たないところから 少しいただいてます

オートバイで気晴らし ずっと家に居ては 気がこもるので こんな感じで 散策

15分くらいの 厄除け大師の 手前の橋 バイクとめて 川面 見ていると アユがいる

石の藻をこそげ採って食べてる  おー いるいる  カワセミも とんでる 奇麗

生活排水 流れるこの川 ちょっと食べられない  こんど 試に釣ってみようかな

7
この画像の状態から 新芽が出始めるころが 奇麗なんだよな 悩みも尽きねど 楽しみも尽きぬ

明日は 雨 作業を淡々と  雨も降り 蛍 舞はじめるだろうな  飛んでくれると 見ごたえある

葉の 裏に潜んでると かすかにしか 見えない  飛び始めたら かーちゃん 歓びそう

この時期に はじめて 過ごす  終いの住い   悩みと 楽しみの セット   そんなもんです