共同生活

1

瞬間のことで  ちょっと画像ぶれちゃったな トッケという 大ヤモリ これはまだ子供

大きくなると 40cmくらいに  高級漢方薬になるそうで  高価で売れるそうな

派手な原色の斑点に  凄い眼力   夜になると ケっ ケっ ケっ  トッケーと鳴く

はじめは ビックリしたけど  在タイ 25年  もう 日常  まだ鳴き方下手だなーなんて

かーちゃん   もうペット扱い  マンションなんかにはもういない  超古家の我が家

生き物たちにとっては オアシスみたいで 毎日リスは走り回ってるし  野鳥もいろいろ

以前 水オオトカゲも 出没  1メーター以上あったな ブログに乗せてたかな?

苦手な方には住めないな  私達はこの方が落ち着く  無機質すぎないで  出来事あって

この画像の トッケだって追い払いなどしない  一緒に暮らしましょうスタンス

MOSSランチガーデン できたら  鳥の餌台も 設置しよう   楽しみ

虫の音

虫の音を愛し 繁殖までしている 愛好会の方が FMラジオに出演

この秋に タイムリーな番組  おもしろかったなー  ある程度知っていたつもり

でも 間違って覚えていた音色 や 虫たち事情  終いの住まいの夜

ここは 裏に雑木林抱える 里山  虫たちの楽園  音色を聞きながら

おっ 松虫  この音色は 雌と結ばれた音色  これはエンマコオロギ

カンタンの 音色はいいねー  鈴虫 すぐそばで 鳴いている

鳴いているのは 雄 求愛行動  羽を摺り合わせ この音色を奏でる

遠くで雌を呼ぶ音色 雌がよって来て プロポーズの時の音色 ちがう

呼び疲れ 羽がすり減ってしまった 哀愁の音色  人と変わらないな

早く この哀愁漂うこのコオロギにお相手が見つかりますように なんて

耳をすまし 音色 愛でてる  このオヤジ 生き物大好き

クツワ虫 うるさい  鈴虫の音色聞こえないぞ  都会の公園でも

少しは聞けるけど コオロギくらいかな あとはもう少なくなって

松虫なんかは ほとんといないみたい  草むらないからなー 綺麗にしすぎ

除草も  ほどほどが よろしいようで   この虫の音 愛でるのは 日本人特有

確かに タイ人虫の音色興味ない 田舎に行くと下手したら 食べる対象

他国の文学に 虫の音が 文学などに出てくること 確かに無いな

日本人の この文化繊細  この繊細さが日本人の特徴のような気がする

いつまでも  こんな感覚無くさない日本人で有って欲しい  だいぶん薄れてるかな

虫の音愛好会 頑張れ   毎年 10,000匹ちかく 鈴虫なんかを配布している

人が密集しなければ  虫たちは帰ってくる  人もそうじゃないと本当はいけない

虫の音 聞き入りながら 眠りにつく   素敵なBGM お休みなさい

ネコ と 犬 の話

ネコちゃん2


とある  猫と犬の話し  飼い犬の 太郎 毎日朝の散歩

散歩の途中まだ幼いネコと 遭遇  そのネコは 犬の太郎 を見ても

逃げもせず   近寄ってきて  頭を低くして太郎に絡む

最初はとまどっていた 太郎も なにか友達が出来たような気分 楽しそう

んー 犬のいる家で飼われていたのかな  そんな事思いながら

じゃれてる 二匹を眺めていた 楽しそう   ある所まで行くと 猫はどこかに戻って行く

そんな事を  何ケ月か繰り返す  ある日からネコは現れなくなった

ちょっと 心配   しばらくして  やせ細り ボロボロになった あの猫があらわれる

どうしたんだ  病気  もう助からないほどに悪化してる事  見た目にも明らか

一生懸命  頭を下げて 太郎に向かってくる  その弱々しい姿に 胸が詰まる

こんなになっても  太郎に会いに来る なんなの  医者に連れて行かないと

今日 もちませんね と告げられる   そのネコをつれ いつもの散歩の場所へもどる

太郎も ネコに 鼻をつけたり  寂し気な声を   太郎に お別れ 言いに頑張って

来てくれたんだよ   ありがとうねー    もう ネコには立ち上がる力も無い

いつもの この場所で  お別れしたほうが  ネコ 幸せかなと思って  切ないな

いまでも そこを散歩すると あのネコが 一緒についてきて 遊んでる気がする


終いの住まいに 来る ネコ達 思い出し ちょっと切なくなってしまった 

テントウ虫

9

館山に 大工の手伝いに来た息子 何やら ブロック塀を 熱心にのぞきこんでいる

7

これ何か わかりますか?

8

おっ すごい 綺麗な黄色

10

七星テントウ虫  の さなぎからの羽化でした

壁に いっぱい  すごい数  葉に着くアブラムシを 食べてくれる 助かる虫

見た目も すごく カワイイ   本当に ここは自然がほどよく 身近に楽しめる

息子 昔から 観察が大好き   作業 二時間 サボって テントウ虫 観察

楽しいやね    アブラムシ 食べるんだ  頑張れ !

そういえば  店の現場 アブラムシ  大量発生してた

息子 生きのいい奴 20匹  移住させるぞ  箱に入れろ  ハイハイ と 息子