終いの住まい

97

今回の大雨で 家が土砂で埋もれてしまった  87歳のおばーちゃん

45年 住み続けた家  放心した 目に涙が  自然災害 容赦ない 厳しい現実 

自分 今 進行中の終いの住い もし 崩壊したら どうするのかな 考えた

自分も 放心して 涙浮かべる  以上    その後使える材料拾い集め

小さな 小さな 小屋  庵てやつだな それを作り 物を最小限にして 暮らす 

鴨長明の 世界だな 方丈記   究極 それだけ  どんな高級な物所持しても

そんなモノ 消えて無くなる  だから そんなモノ手に入れるために  必死にならなくても

大災害にあった 多くの方達 そんな心境に    諸行無常 なのです

さてさて  たまり過ぎた 使わないもの 処分 してしまおう 自分の前から

いつか消えて無くなる   なんて  自分に言い聞かせ  あーっ 片付けしないと<

画像は  小さい小屋に ホームレスのような暮らししていた 以前の 終の住いの

ベースキャンプ 小屋    鴨長明の暮らし してたじゃん

ハゲ親父 行水中    ビニール プール   1280円  

終いの住い

1

台所に設置してある  カウンター  近所の親しくしていただいてる リサイクルショップで

二枚で¥1000 格子の欄間   天板 十年くらい前に手に入れた 栃の 古板 

おそらく  100年くらいは経ってるだろう  いい感じの枯れ具合 蜜蝋で磨いて

写真に写し忘れたけど  これまた 古い食器棚の 引き出しだけを利用して

いい感じの カウンター下の 引き出しに  よく似合てる  いろんなモノ収納

間の白い壁に これから 漆喰を施す  古板の穴埋めなどの補修 先にして

足元の 通気性も良いし  玄関の格子の引き戸とも シンクロしてる お気に入り

お金の話するのなんだけど  15000円で これできてる  んー やった て感じ

あー カウンターの上の 物 かたし忘れた   まっいいか  日常だ

終いの住い

1

季節風 の 大西  冬から春にかけ 月の半分くらい吹いてる感じ  海の近くなので尚更

台風も 谷あいのこの場所 谷風と言って増幅してさらに 強風  豊かな自然 と 厳しい自然

玄関の引き戸 木製 しかも年代物  なので  風よけの板塀  ちょっと暗くて 閉塞感でるかな?

いやいや  いい感じ   横殴りの雨も防げ 強すぎる日差しも 半減  おーっ いいぞ

塗装もせず  無塗装で 銀色になるように 神社やお寺の あの枯れた古びた色合い

手前の 柱の色目  住みながら いろいろ 補いを考え 完成させていく 終いの住い

3

東の 裏にぬける 犬走り  犬走りと言っても 幅1メータ  台車に荷物載せ 通れる

11メーターの 散歩 林観察  ビオトープになる池や水路も  脚立の後ろにある

浅井戸 から 水を引く  軒のばしてあるので  傘いらず   ちょっと風流

まだまだ 工夫 こだわり いっぱい   追々  はじめて作る 本格的な家

工夫とこだわり と 同じくらい 失敗 ごまかし 有ります  ここで学習して

店に 生かさないと  だいぶん アイデア煮詰まってきて  こーっ 興奮して

勇み足ならぬよう  気を少し 海遊びにむけ 散らばらせています

ほんと  南のファクトリー とか言って  まったく タイの事 話題にしない自分

心 ここに在らず  いけない いけない  頑張って素敵な服作ります

終いの住い

9

8

違い屋根の窓から差し込む朝日  朝のひと時 この日差し  朝と 家の中で実感

背に 柔らかい陽を浴びながら 朝ご飯の支度   6時から8時くらいのあいだ

陽の上がる前 5時くらい から まわり 散策 陽が丘の上に出る 6時くらいに家に

5月のこの時期の事だけど  自然のサイクルの中で 生活する事がいかに必要か

体は素直に それを喜びます  今の都会暮らしが 営みが いかに 不自然であるのか

夜更かしして 慌てておきて 人混みに  ストレスの海に  私にはもう無理

若いころ いかに不自然な生き方していたやら 今でも まだ少し タイでしているよな

二人の 桃源郷 ただ今製作中  時期が来たら 二人で自然の営みの中に 身を置く

そうしながら 心穏やかに 人生の終末迎えたい  私達の  したい事 たった それだけ 

終いの住い

4

裏の丘から 朝日は のぼり 林のクワの木 どんぐり実る スダ椎 の間から

陽が差し込みはじめる   空気も 朝の匂い 植物達が 一斉に光合成はじめる

その空気で 深呼吸 背伸びして まわりを散策 季節の移り変わりや 実り

生き物たちの 営み 観察  あいさつして    今日の 自分の営み確認


今日は 電気工事 本当は資格ないといけないらしいが 自分の家 自己責任で

隣家が密集してるわけでなく  知識もあり 本職の方より 正直 丁寧にできる

いつも  思うのだけど お願いすると 不満が残る  なので自分で 

遮断機 や 接続部品 いい物 いっぱい出ていて 使い方分かれば 

さしたる 技術が必要でもない  複雑な配線するわけでもなく 

コンセントと 照明の片切スイッチ 配線の理屈理解できてれば すべては足りる

家外にも コンセント 全部可視できるよう 外付け 線の納めのセンスが必要 

いつも思うのは 職人さんに一番 不足してる事  センス  それはないだろー

的確な 指示しておかないと  高確率で ラクな作業に寄せる  特にむき出しの 

この家など お願いしたら 見るたびに イライラする事に 分電盤一つ引いてもらうのだって

この始末ないだろ プロなら 頭 使えよと心底  なので自分で  見積もり50万円

自分でしたなら 材料代7万円  一人で3日あればできる 実際できた しかも綺麗に

三日間の労力 43万円  日当14万円   高給取りだ    コンセント13ケ所

照明  12ケ所   スイッチ  10ケ所   配線距離は長い 平屋だし 隠しながら

遠まわし  80メートルくらい 電線使ったな  お気に入りの 古いスイッチも 施して

これで 延長コードとも お別れ たこ足配線もしなくてイイ  足元スッキリ 

おー 永かったな  作業の先が見えて来た  ん~ ゴール を意識し始めた

マラソン ランナーの気分   塗装 壁塗り 床貼り 据え付け家具作り 

コーキング  窓の調整   そんなところ  ほら 先見えて来た

キッチンガーデンや ビオトープ カーポート 門  これらはついでの 作業

気が乗らないようなとき  気晴らしに  雨水の排水路も しないと

今回 屋根塗装 今のうちにしとくと もちが違う メンテも同時に

外の板壁も  今度行ったときに  かーちゃんにお願い  

たよりにしてます   真面目に作業する かーちゃん

外部に お願いしないので  結構忙しい その代わり お金もかからない

身に着く  楽しい苦しい  アートできる  愛着湧く  修理も自分で と言う 特典もついてくる

次の遠征は いよいよ 店にも着手 棟上げの後 倉庫にして 材料詰め込んである

いよいよ出番  もう屋根までしてあるので 天気 気にせず 家 と 店

イメージ湧いた順に  作業  これが私の 作業スタイル  時間かかるわな

大まかな 設計しかしない  後は材料とモノ見て アドリブで  ジャズのセッションのノリで


7