1
ほん降りの雨  書斎横の池 水が満杯  水路があって溢れ出すことはない ざっと草刈も

してあるから さっぱりしている  かーちゃん この窓から いろいろ観察 お気に入り

ヤゴの孵化 カエル カニ 蛇 野鳥 前なんか かる鴨 つがいで  その他いろいろ 蛍も

窓越しで見るのが イイとのこと  テーマパーク気分  小さい池だけど 楽しめる

敷地に ビオトープ あと 二つ 作る予定 ガマの穂 とか 蓮とか カエルの楽園

裏の沢 すでに ビオトープだけど  こうなんだろ 子供のころに 親しんだ 感じの池

作りたいんだよな  でも 追々  そんなのしてたら ブーイングくる 構想練っておこう

やりたい事 あり過ぎて 収集つかない  趣くままに 出来るところまで 

終いの住い

1
ギボウシの花が咲いた 梅雨ですな 今年は粉蛾が大発生 よく見ると 純白で妖精のよう

でも 植物に大量に寄生するのは、、、、、、 なので払い落とす  ごめんよ

林の中に住んでいると ありとあらゆる 生き物に遭遇 久しぶりに 殿様ガエルともあった

ほんとうに いなくなって 久しい  30年ぶり???  どこからか現れ 脇の池で浮かんでいた

蛇に 食べられるなよ  ゲンゴロウも泳いでいた ビオトープ 点在させ いろんな生き物が

集まって 繁殖してくれたら 嬉しいな  終いの住い スタートと同時に植えた 山桃 今年豊作

2

こまめに かーちゃん 収穫 冷凍して置いて ある程度たまったら 含め煮 甘酸っぱいシロップ

炭酸で割って飲む 色も奇麗 半分は野鳥たちにプレゼント 収穫終わったら お礼肥して

荒れた枝 整えて 来年は 実付おさえて ゆず にも同じことを  忙しい田舎暮らし 

キッチン

1
ちょこちょこっと  集めてあった流木使い キッチンのグレードUP 大仕事ばかりしてるので

こんなの作るのは 片手間作業  磁石で包丁や小物を張り付けておく  調理台広く使える

オタマ なんか 細めの流木に下げられるよう バランス設置  一時間くらいの作業

跳ね上げの 日除け 兼 雨戸 流木のつっかえ棒  台風や大雨の時は閉じる 

住みながら  いろいろと工夫  大分収まってきて 秋 台風のシーズン過ぎたら 

店 手を付け始められるかな アイデアは煮詰めてある こうご期待

こんな感じで 過ごしてるのに 二人ともテンション かなり下がり気味 空気が重い

なんだろな   会話も 少なく お互いに 体調良くなく  イライラ  ダメダメな感じ

もう  寝ようかな  お休みなさい 

ジャンクスタイル

1
書斎 配線も済ませ ほぼ完成 タイで22年使い込んだ 椅子もここに 座りなれた椅子

今まで 集めこんだ書籍も 棚に収まり 別に頻繁に読むのでもないけれど そこに有ると落ち着く

何でしょうね スッキリが過ぎると落ち着かない ちょっと物溢れてるくらいが 別に撮影のセットのように

暮したいわけでもなく  好きで集まったモノ達に 囲まれてる方が ほどほど  だけどね

ほんと 物を廃棄しない 廃棄どころか人の廃棄の中から更に もったいない もったいない

泥市 生活館 廃棄場 最近は古タイヤ ビーチこーキングと言って 拾い物 ヤフオクの中古品

家の解体 材木 瓦 台風で出された 桐たんす 風呂桶 ありとあらゆる 物 言いきれない

でも 一つ づつ この終いの住いに パズルのようにハマって  ハーモニー かもし出す

自然の豊かな環境で このリサイクル的な暮らし 本当に豊かだな 張りぼて じゃなくて 

自分にしっくり馴染んで 断舎利などと真反対なんだけど こうなりゃ 徹底的に集めて 整理して

頭と 感覚と体力使い お洒落に 倉庫5棟 も ほぼいっぱい 店が始まればかなり はめ込める

ジャンクスタイル  ネーチャーなスタイル  後ろに見える 小学館 大百科事典  50年物

昔の検索エンジン  挿絵 文章 前後つながり 当然時代遅れ 今にそぐわない内容

でも その中に 今でも変わらぬ いろんな事が 分かる 物事の発想の根っこが 見つかる

まやかしが 多くなり過ぎた 情報社会 パソコン閉じて こんな書籍類 もう一度覗く 気が整う

容あるモノの 時間をため込む 自分 壊れたり 使えなかったり 手間かかるけど それでいい 

見立て 直したり  発想変えたり  限りなく生かして 使い切る 愛でる それが使命の自分だな

勝手口の木

5
勝手口 の林に植えたビワ 実って 色づいてきた  そろそろ 袋掛けしないと カラスが

そう ここは 生き物たちの餌場にも さばいた魚類のあらが ここに投げ込む 一晩もすると

きれいさっぱり 無くなる  堆肥 作るのも いいけど 生き物たちに おすそ分け

皆が 害獣扱いするけど ほぼ人の都合 私は多少の被害は容認 それより 姿みせてくれて

共存している 感じで過ごしたい  言うほど悪さしない みんな怖がり過ぎ 決めつけ レッテルはり

イタチ 最近よくみかける 赤毛で キョトンとこちら見て かわいい  石亀も歩いてる

でも このビワ立派で 食べたいので 袋がけ  何個かエサ台に 3個づつ かーちゃんと 食べられる

台風で 片側 塩害でやられちゃった その代り 数少ない分 大きな実  美味しそう

房州名物 のビワ  今月末くらいに 食べられそう  月桂樹 ローリエ 大きくなった

料理 ちょっとしか 使わないからな  さし芽 して 鉢植えにして 3年後 販売するか

ちょっと 有ると 西洋料理のグレードあがる   ナイスな アイデア ビワの奥にある

新芽吹いてるのが  月桂樹   五年で 3メーター 近くに育った  虫もつかない

丈夫な木   販売じゃなく 配って 恩を売る それが一番 いいな んん

6