終いの住い

また 週末 台風来るみたい   あ~~~~  まだ修復も終わっていない

それよりも まだ ブルーシート も外せてない 家がいっぱい どうするんだ これ

今日は 備蓄の食糧 燃料 購入  先の台風で経験したこと 活かし 行動

かーちゃん とも いろいろ ディスカッション して 意見合意

ガソリン 40L 食糧 冷蔵しないでいい物 一週間分 電池 ガスボンベ 水も50L

お風呂の 水も常に満たして  懐中電気も追加   来ないで おくれ

かーちゃんの避難場所も ここで 隠れてれば大丈夫   ここで こわいよーて言っておけ

とにかく 家 できるだけの補強して 待ち受けるしかない  あー面倒だ まだまだ

津波で すべてを 失ったわけでもなく  そーだ コーヒー買っておかないと ドリップフィルターも

行き詰ったら  コーヒー 沸かせば いい案が沸く  なんて

ガマガエルが のしのし 玄関から入ってきて 隠れ場所探してるのか  物件案内

倉庫小屋 1号 ここ安全 一番風あたらない  おすすめ  契約成立 

サッ明日も  家閉じないと    進まない 進まない 終いの住い

終いの住い

もう 9月も終わるけど 台風まだ来る可能性あるわけで 昨年の台風21号は10月20日

今回の15号の比ではないが なりの被害が なので 台風対策を考えなくては

風よけの 丘に設置した板塀は すっ飛んだ 玄関前の 板塀もすっ飛んだ

なので 風よけが 何も無くなってしまった   しばし考えた 根本的に風のコントロール

被害の少ない 家みると 隣の家の屋根があって それが上昇気流や 乱気流 起こし

直接の被害を食い止めている  隣との距離があり それは期待できない

前の蔵は 母屋に対し風あたりには関与しない なので 母屋を守る為の 

風よけ屋根を 今回購入した 隣地に造る  家を建てるのでない 3メーターの通路に

カーポートのような 屋根を 恐ろしいまでに頑丈にして  そこは 駐車スペースであり

外作業場 3メーター×6メーター  結構大きい 11畳分 

母屋 に 隣接させ 母屋の軒先より 20センチ高くして いつもの方向の風をそらす

20度の方屋根勾配 上昇気流が発生して母屋の正面に当たる風を中和させる 

ガーデンキッチン 丘の木々も  だいぶん守られる  この風よけ屋根

壊れても メンテナンス 簡単にできるように 設計 もうこれ壊れるなら 諦めつく

材の手配完了 古材は使わない ありとあらゆる 強化テクニック 倒せるものなら倒してみろ

などと 粋がっても 先日の台風 思うと  声が小さくなってしまう

母屋を守るため  思考錯誤  こんなことも 何か楽しんでる自分  

第二弾は その横に 巨大ピラミット温室 完全に自然に立ち向かってる感 満々 

これは来年  なんか 店の制作が。。。。。  そうそう 今回の台風でも

神社参道の店 ピクリともしてなく 被害ゼロ  南にある安房神社の森や隣接の川に自生する淡竹が

風を弱めてくれたみたい また 低めでフラットな屋根が 風をやり過ごした様子

今回の一番の被災地の 布良地区とは 目と鼻の先  お店この場所にして 良かった 良かった

明日も忙しいぞ   頑張るぞ! と

終いの住い

台風15号 過ぎ去り 二週間  ようやく落ち着いてきたかな

来週には消費税増税 駆け込みで 今回の被災で必要な建築資材 みんな買い込む

おーお 品薄  みんな壊れた屋根 とりあえず補修用 我が家は先週補修は終わらせた

家て 屋根 失うと もう家ではなくなる 雨露で 財産 思い出が 畳 布団などが

使い物にならなく なる  家から うかんむり 無くすと なんなんだろ 

押し入れに しまってあった物も もう 使い物にならない そんな荷物が

ゴミの 集積場にあふれ返る  凄い量 今だ毎日 山のように 持ち込まれる

不謹慎だけど  そんな中から 私のジャンク魂に火をつける品々を リサイクル

いま 倉庫に 詰め込んでいる最中  来る日も 来る日も 夕方行って吟味積み込み

そして 翌朝おろす 日課のように 繰り返して 早や一週間 現場を管理するボランティアの方から

お世話様でーす と 言われるように  神様が 私に ご褒美くれてるような気さえする

みんなには もういらない物 ここぞとばかり おじいちゃん おばあちゃんの しまい込み品

ちょっと 壊れた 古いもの 使わなくなった倉庫の場所くい品 今回の被災をきに

一斉 放出  瓦礫の中に紛れ込む  見立て その場でしないと 限がない 量

毎日 トラック一台 持ち帰っています 画像はタイにもどってから  すごいぞー

かーちゃん いわく  たぶん みんなは 半分いらねー と思うとおもうよ 90%かな

大きい倉庫 あって良かったね~  ん~ 被災しても 幸せそうだ 良かった 良かった

一緒に いつも ついてきて 海見て おどやスーパーで買い物して 仕訳段ボールもらって

荷台の お宝見て ニヤニヤして  被災したけど 幸せな自分  不謹慎者です

生活館が 暇そうだなー  明日立ち寄ろう  ゲット品自慢  営業妨害  跡継ぎ候補なのに

明日は 薪を トラックいっぱい持ってこないと 薪ストーブの準備 今ならそこいらじゅう 薪だらけ

                       おやすみなさい

終いの住い

飛んできた 隣の家の 屋根の瓦礫 撤去  かーちゃん 可哀想に館山に入るなり 延々と

隣のお宅は 80歳の ご夫婦 母屋は無事で支障はなく  ガレージの屋根が我が家に

セメントのスレートが 割れて 竜巻に乗せて 凶器と化し 終いの住いに  あーあ

ガスのメーター 配管破壊  屋根には無数の穴 壁も傷だらけ 突き刺さって 割れてる箇所も

吹き飛んだ 窓  風よけに設置してあった 塀も すべて吹き飛ぶ  軒先の三畳ほどの屋根が

引きちぎれ  家の中は雨で水浸し 命あっただけ ありがたや 停電 ガス停止 通信不能

そんな状態一週間 応急処置して 電気 ガス 修復した時点で かーちゃん 受け入れる

トラック 使い 近所の瓦礫 濡れた荷物 廃棄 延々と していた  かーちゃんも 私もくたくた

隣の老夫婦 私たちにガレージ荷物の整理任せ 家に閉じこもり 全部破棄してほしいとのこと

でも 使うだろう物をよけて 半分遺品整理 手入れもできてないので 業者的には ゴミ

屋根のがら整理のこともあり あまりに謝るので 大丈夫 じゃあ 倉庫の荷物で使えるものあったら

使わせていただきます それで物々交換  必要な物はよけてください そんなことで 荷物整理

濡れないように ブルーシートかけ  本人 こもって 出てこない  壊れた車 市役所に被災届

そんなこと ばかりに うろたえる   もーしょうがないな みたいな感じ 使えないものどんどん

廃棄場へ トラックで運び込む ガラ 濡れた物 壊れた 家の材 近所じゅうの物 積み

何十会 往復しただろう 20~30回したかな もう腕 パンパン 腰もきしむ   

また熱帯低気圧が来て  大雨  大急ぎで外に置いてあった荷物 我が家の蔵に詰め込む

大雨も去り  ホッと一息  かーちゃん ちょうどいい 休憩になったね  ポジティブ

晴れて 今度は自宅の被災品 積んで 捨てに  隣の旦那さん出てきて トラック止め

チェーンソーと 枝切りバリカン 無いんだよ とスコップ持って 今まで腰が痛く 何も手伝いもしない

旦那が あー?  荷物 倉庫に押し込んであるので 後で見てみます

奥さん  植木の業者さん 連絡も取れないと 外に出ている  庭?????

屋根無くなり 途方に暮れる方たち大勢いる現況  我が家だって直さないといけない わけで

戻り 言われた物 見つかったので ガレージのテーブルに また翌日 血相かえて

延長コードは それないと 使えないんだよ   そこで 私 声が荒くなり いい加減にしてください

まだ ゴミだし終わって  濡れないように急いで うちの倉庫に詰め込んで 整理できてないですよ

そこで 無視して 他の用事済ませに 戻って コードみつけ ガレージに行って 真剣に切れた

必要 とマジックで大きく書いた張り紙が 各所に それ私が使うであろうと思い 分けてあった物に

濡れないように 残ってる屋根の下に まとめてあった物  まるで勝手に荷を 私が火事場泥棒でも

腹が立って 眠れず 夜中に 倉庫の荷物トラックに乗せ 屋根の半分ないガレージに放り込む

翌日朝も さらに そこに旦那あらわれ 何してるんだと言うので お返ししますよ こんな張り紙され

私が 勝手に 荷物持ち出しているかのような  あまりに 自分勝手で失礼すぎませんか

旦那逆切れ 警察呼ぶぞ  お返ししてるのに なぜ  何が問題で  何か騒いでるので 放り出し帰る

後ろから  ありがた迷惑とか 近所付き合い止めるとか 好き勝手な罵声

しばらく して 近所の いっしょにお手伝いしていた方が 何かいろいろ 告げ口したのでしょう

来て 近所なんだから なんとか いきさつ お話しすると  ちょっと 認知症気味で頑固になってと

永い お付き合いらしく かばい建て  ボケ始ってるとは 私も思ってた  そこへ

これは うちのではない と 荷物もってやってきた  言いぐさは こんな物持ってこられ 

濡れ衣かけられたら たまらん でも その物は 明らかに その旦那の物  記憶できてないらしい 
 
まーま―座ってと 近所の方 話の行き違いがどうのといい  取り持とうとするが 

 興奮して 近所付き合いなんかするか 絶交だ と息巻いて 立ち去った  

あーあー と近所の方  何も大した付き合いなどしてませんよ と 私

もう 面倒なのでイイです  こんな 自分に都合のいい老人 老害と呼ばれてるのです

来年から 大半を ここ終の住いで過ごす私達  じんわりと 時間かけお返しをしたいと思ってます

被災から 数日 被災支援の自衛隊到着 こんな時でも 快楽主義者 サーファー

公共駐車スペース占拠  邪魔だ どけと 追い払われ押しやられる それでも ちゃらい格好で

延々と海遊び もう 人扱いしちゃいけない 族   波にのまれて 死んでしまえ

この手の族  何かあっても 手かさない  ほんと 自分の快楽だけに生きる バカども

疲れてきたな   頑張って 家 直さないと  バカげた時間 使いすぎた  やめやめ

淡々と 自分たちのこと  自分たちも被災者なんだよな  本当に困ってる方たちにだけ 援助

自分たちの 事だけに 集中   かーちゃん 今だ怒りおさまらず  落ち着いて 落ち着いて