ガーデン

2

店の カウンターで 店に置く ガーデンクオーツながめる   久しぶりに眺める

しばらく そこに気を向けてなかった  取引していた 相手が自殺して以来

もう そこに深く入る事を閉じて  今もそうかな  8年近く待ち合わせた

ブローカの集まる所に 2年ぶりに 彼の定位置には 今も誰もいなかった  

皆が私を見る  顔見知りのみんなが でも 誰も話しかけてはこない  

みんな顔見知り よく冗談も交わしていた

今だ 何が有ったのかわからない  聞く気もしない  怖い 

自分が 何らかの原因にしてしまったのでは なんて 頭にいつもまとわりつく

私自身 工場の閉鎖巡り 余裕なく 逃げ込むかのように 終いの住いに気を向け

彼の事に気を向けられてなかった  でも  それぞれに持つ事情違うんだ

私は この石に芸術をみいだし 陶酔した 無作為な芸術  そこにでき得るだけの財を

ほぼ 彼の扱う すべての このクオーツを自分で分別濾過して 許す限り 収集した

膨大な数に でも それも永遠というわけには  事業の縮小と共に 限をつけなくては

もう この石の資源も枯渇して 今までのように 手に入らぬ事も知っていたが

彼が 自殺した時 私は日本に居た  家内 私に伝える事 悶絶していた

私に 余裕がない事 十二分に判っていて でも半月悩んで 私に 泣きながら私に

そう 家内も一緒に 通いこんで すっかり ファミリー状態だった  だからよけいに

大好きな この水晶のアートが ちょっと切ない物に この石の本だして 気もちの整理して  

息子に受け渡そう 親子 二代扱うストック  ちょっと入り込み過ぎちゃったかな

無題

shuku-_DSC5738.jpg


先月 ここ十年つきあってきた 親しいタイ人の取引あいてが 自殺した  ピストルで

ここ三ヶ月 私は日本  何が起こった もし経営的なことであるならば・・・・

昨年末でタイでの会社をほぼ閉じた それに伴い仕入れも なくなった 徐々にしたつもりだけど

私の考えすぎかもしれない  私の関与しない 他のことかもしれない

原因の一端がもし自分にあると考えると 胸苦しさを感じる   本当に  イクジなしめ

相手を 責めたい気持ちすら湧いてくる  奥さんも 子供も いるのに

ご冥福をなどと 祈る気がしない  そんなこと しちゃいけない  いくらでも生きていくことできる

そんなことしなくても  いずれ死ねる  逃げ出しただけじゃないか   やめてくれよ本当に 

会いたい

おりこうさん2

急に 今は亡き 愛犬タックンに 会いたくなった

おりこうさん1

賢くて  優しくて  性格のいい  タックン   人の言葉も  ほぼ理解する

近所の 獣医さんから  ご褒美に  おやつ買ってもらい  嬉しそうに帰るタックン

もう歳で  顔が ミッキーマウスみたい   ちょっとまってて と言うと  店の前で

振り返り 待っている   店でもらえるの みたいな 自分の主人の店の意味すら

よくわかっていて   自分が店の ホスト犬の 職務に有る事も 自覚している

本当に すごいよね  素直すぎて   ちょっと 反発しても いいよと 言いたくなる

天寿  12歳で  他界    いまどこで 生まれ変ってるのかな  会ってみたいな

                  なんか  泣けてくる