木 を植える人

1

草を刈り  焚火場への道を確保  マムシの生息するこの辺り マメに草刈りしておかないと

そして ここに 梅 甘夏 を植える  蔵が 風よけになり  いいんじゃないかな  木を植える人

2

もし 20年前に 気づいていたら  日当たりのいい山 買い せっせ 梅の木植えて 梅 農家

梅の実 使い ありとあらゆる 加工品  一番 性に合ってる 投資だったのになー ちょっと残念

これほど 手間がかからず 商品価値高い物 なかなかない 1000円の苗木が 10年後には

毎年 20000円稼いでくれる  500本も 植えてあったら  二ヶ月思いっきり 収穫 加工して

あとは 下草刈って 手入れして 肥料与え ヤギでも 飼っておけば この作業 勝手にしてくれる

肥料も 勝手に  何がイイて 青梅 鳥も 虫も よらない  農薬だって使わないでいい

木炭酢でも 散布すればいい    理想的な暮らし しながら  収入得る最高の手段  くそーっ

あーっ 気づくの遅かった   息子にでも進めたいけど 理解できないだろうな 反発されるだけ

息子は 息子   私ではないのだから   レール 曳いてはいけない  いけない

梅園で 香り楽しみ  実りを楽しみに 自給自足の 畑仕事 採取 釣りに行き

国道沿いに 小さな店でも営み  マイペースで 時を刻む 食べるに困らない程度の生き方

せっかく 農業の學校出て 基礎 持ってたのに  何故かアパレルの世界 しかも海外

何してんだー   今さら 人生の選択間違ってたこと 後悔する自分でした  

れば たら  の  後悔    生まれ変わったら 是非とも 実践したいと 

こんだけ 好きな事しといて  何をぬかすと言われそう  

偏屈の素

5


偏屈になって そうだなー 三十年くらいかな それまで頑張って なりに いちずに

ある事をきっかけに いろんな事を信じなくなったな  人を 社会を 常識を 疑うように

そして 疑いが ほぼ真実だと確信するに至り  いろんな事を 素直に取り入れない 信じない

行政 司法 スポーツ マスコミ 銀行 商社 等々 組織だったことは ほぼ信じない どうかわすかだけ

サッカーも オリンピックも 相撲も みんな 不純な仕掛けの上に成り立つ 事にしか思えないので

まったく 楽しめない  楽しめたら 楽なんだろうな  なので 周りとは 話できない事が まま有る

適当に 合わせてたな   商談の時なんか  家に帰ると 無理がたたり  どっと疲れ 具合悪くなる

なので  興味ない世界の 話 持ち出されたら  あいずち だけ打って 気持ちを宇宙に飛ばし

静かに 違う事を考える  ノリの悪い人  同調できない人  そばに居ると嫌でしょうね

なんか 作る事 や 創造的な事は 食い入る  衣食住に関して 創造的な事 これだけが

興味の 対象かな  あとは 石とか 植物とか 生物とかも 愛でられる  興味の対象 

偏屈になった きっかけは 33歳で タイに 駐在になって  世の中はこんなにも 汚れてる

人間は 汚れてる  搾取型労働集約産業の アパレル製造業 食い物にする奴等

金に薄汚い 銀行 商社 大手企業  食生活だけのこの 奴隷のような 社会構造

いまだに  王国がある 世界  貧しさが 無知を産み  無知が 貧しさを産む

貧しさが 卑しさ産み   卑しさが 不幸を産む  そんな事を 目の当たり の日々

拝金 に染まる 経営者  そんな事で 同族会社での 決裂 離縁  そして独立

独立してからも  日本人を食い物にする 日本人  人をだます事が あたり前のこのタイでの経験

横領が あたり前のような このタイ人感覚  なんだろ 経済活動の世界 正直者は潰される

なので 偏屈に どんどん ちょっとしたことでは  何にも感じなく 鈍感力 ある部分付き過ぎ

でも 気分的には 爽やかになれない自分  疲れるのです 慢性ストレス 内臓に蓄積してる感じ

いろんなこと 戦い過ぎ  この 二十五年 で 体こわしちゃったな  そろそろ体 いたわらないとな

経済 活動最小限の世界で  工作でもして 楽しんで 行こうかな  画像 工作中の 画像

男の服

1

お客さん から 男物の服をとのリクエスト何人もの方から  何故か腰の上がらない自分

仕事の時は スーツか ユニホーム   お休みの日の旦那さん Tシャツに ショートパンツ

ゴルフは ゴルフの服   サッカーのユニホームで過ごしてらっしゃる 方も見受けられる

なので  私が何を作ったらいいのか  そお言えば 日本からのオーダーも  Tシャツ中心

スエット や パーカー してたか  女性に比べれば ほんとに アイテム限られてる

MOSS スタイルの メンズ  やってみるかな  年 二回くらい 打ち出すか  よっコラショ

年に 5ケ月以上 日本で建築いそしむ   ランチも来月 20日くらいから テスト

一ヶ月だけ その後 二ヶ月日本  年に 五ケ月以上日本なので  150日くらいだけ ランチ

まー っ  手前勝手な商い  もう60歳なんだ 好きな事 好きにさせて頂きます

みなさーん 子育て メド着いたら 好きな事しないと  いない方も どっかで踏ん切りですよ

メンズ服  テーマは 天然オヤジ かな   ダサいな  まっ着やすいの作ります
  

新 駐在


駐在員の 入れ替わり 一段落 ひととうり おススメの店 市場 なども巡り 

タイをエンジョイ  いくつかそんな方の ブログ拝見  昔から 変わらぬ 内容

どこどこで  何を食べました 買いました 的な 初来タイなら しかたないか

もう 25年 タイに身を置く私  心は置いてないかな  エキサイトなタイは

私にとっては もう無いな  何を見ても 何をしても 見透かせてしまう シラケる

タイ人気質も もう 嫌というくらい 浸り もう結構です  引きずりこまないでて感じ

心は 日本の終いの住いに 置いてある感じ  張りぼて お洒落のタイ

外出する気すら おきない  なので 家の周りだけでひたすら過ごす 毎日

物価も 日本より 私のまわりでは高くなって 食品などは完全逆転状態している

タイ料理の 生活など無理 体壊す  月に一度でいいかな  ほぼ自炊

安全そうな育ちの 食材選び 自炊  オーガニック うたうものなど 値段ばかり 

自分の 舌と 目を 頼りに選ぶ  おのずと 決った店になってしまうのだけど

んー  生活という部分では もう魅力感じない  日本の食材選びの楽しい事

三年 五年 くらいでしょうから  新駐在の皆さん エンジョイしてください

私達 25年もいるけど  どこがおススメか聞かれても  答えられないな 開拓していない

あと 数年  グデグデ言わず  お店に気を向け  過ごしましょ   

チャレンジ

4

人の世は 限りない不安が覆い尽くしているような その中から生き甲斐 探し すくい上げる

いつ起きるか わからない災害 心配しても   何時 病に侵されるかもしれない

お金の心配  人との間の問題  親子 夫婦 もう 限がない まして政治的な事など

自分では どうしようもない 抵抗はできるのだろうけど そんな事に時間 心 費やす気がしない

生き甲斐 のすくいあげ方 自論です 理屈抜きにワクワクする事にチャレンジするだけ それだけ

失敗も 損も する 思わぬ得を える事も  好きな事だから 損も失敗も許容できる

上手く行けば 嬉しさ 何倍 頭と心 駆使して チャレンジ アメリカの80歳以上の老人にアンケート

何を一番後悔してる  70%の方が チャレンジしなかった事 できなかった事 だそうです

社会的な事 政治的な事考えると もう人類は低レベルすぎて 私はもう見捨てた 

見る目変えて  人間の創作的な部分これは 純粋にすごいなと 行き過ぎすら感じる

くだらない 決まり事 多少侵してでも  したい事ある  

本当に誰のためにと思うような 締め付けが 多すぎる

法律は みんなの為に出なく 一部の利益の為に 設けられてる事の多い事  馬鹿臭い

なので ギリギリ か 時には フライング気味に 小さい事だけど  馬鹿どもの給料払う為

知恵絞って 稼いだもの くすねられて たまるか  そんな気持ちにさせられる 今日この頃

大らかに チャレンジ 法律のきわ くぐりぬけ  馬鹿正直にすべてはしない

あんな国会で決められる法律 どれだけ考えてる議員いるやら 有権者みんなそんな気持ちでしょ

選挙で 選びようがない なので 行政に 関わり極力なくし 自分の生き甲斐 実行

画像  生き甲斐 実行している最中の 一コマ画像  愛車と この野鳥の森コントラスト 最高

地震

地震が 多発しはじめてる 環太平洋火山帯  活発になってるなー

いつ 大地震が来てもおかしくない日本  今日も大阪で震度6 死者も出て 大騒ぎ

備えしておかないと  次の 終いの住い遠征  まず 米30kg 小麦粉10㎏ ストック

水も ポリタンにキープ  500リットル タンク買っておくか   発電機OK  ガソリンは

車の ストック使えばいい 塩 醤油 は常備 冷蔵庫に 乾物あるし インスタントラーメンも

ストックしておこう 携帯のラジオも  何か有るとすぐに買いあさりはじまるは 人の常 

館山で 自宅にいる分には正直それ程心配ではない  平屋で 過剰強度の家

屋根 軽く 家自体ねじれない  木造二階建てで 重い屋根  これが一番つぶれてる

火災の心配  隣との距離有るので  自分が火の管理できていれば  大丈夫

倒れる 家具類無い  ガス プロパンだから止まらない 井戸あるし  数か月暮らせるな

都会 は 考えただけで恐ろしい もう 何が起こるのやら  ガラス エレベーター 地下

一番怖いのが  人混みのパニック   近寄らない 近寄らない 支援物資も東京にもなると

もう 届けきれない  どんなことになるのかな カオスだな   東北の震災であの状況だから

もし 海にいたら とにかく 荷物もたず 高台  自宅に向かい全力   落ちついたら 

状況見て まわり支援  備え多めにして支援できるよう 準備しておこう  本当に

自分 テリトリー から本当に出ないだろうな   津波だけは本当に注意だな

海から 海抜 50メートル くらいある 終いの住い 過去ここまで 津波きた様子ない

立地は 大丈夫  海の目の前に建ててる家  南無阿弥陀仏  本当に何考えてるやら

タイに住みながら  日本の心配する 自分 心配性   でも現実味帯びてるからな   

一期一会

1

リサイクルショップ  生活館  国道から 終いの住いにむかう道の 入口にある

ご主人 83歳  奥さん 71歳    いつも お世話になります

若かりし頃は  銀座に 広告代理店を営んでいた  奥さんも ご主人も

ファッショナブル  ちょっと この地域まわりとは 明らかに違う  とても仲良し

他のキレイ目な リサイクルショップにはない 我楽多感  よく言えば アンティーク

ジャンク感のある  アンティーク  私の ある意味 ツボ  理解不能の物も有るけど

お茶 飲んで おやつ頂き お話して  面白いものさがす  古い欄間もここでいただいて

カウンターキッチンに 使わせて いただいてる  値段ついてないものも多く  いくらですか

たずねると  笑いながら いくらならいい  えーっ じゃッ3000円でくらいで

私 かなり その手の 相場  勉強リサーチしてるので 妥当な金額提示 しているかと 自負

じゃッ 2000円  ありがとうございます  何故か 野菜や カレーやソース お菓子も 有り 安い

じゃッ これとこれ  そして 3000円くらいに   値段ついてる物も 支払いの時に割引

尼口さん 値切らないし なんて  奥さんの 秘蔵品 非売品 の招き猫 福助 も 譲っていただいて

可愛がって いただいております   冬の遠征時 心配して 防寒着 届けてくれたり  

気遣っていただいて 本当にありがたい事です  人と出会い 親しくなる  そうすると

別れが つらくなる  タイで  MOSS Terrace 店 営んでいると  駐在の入れ替わりで

いつも 別れが  結構 しんどいのです  いつも 見送って  あー 帰られちゃった なんて

親しく なった方の 時なんか 落ち込んでいる かーちゃん   一期一会  なんて うそぶいて

生活館の ご夫婦と いつまでこんなお付き合いできるのかな なんて 考えると いけない いけない

今を 楽しまないと  そう 楽しまないと  けっきょく  人の営み そこに尽きるわけで

今を 充実して 楽しむ  楽しむとは快楽える事ではなく  心が満足できるか  平穏でいられるか

なので 心の趣くままに  自分に嘘つかず  まわりに迷惑かけないで  楽しむ

また お説教じみた  さすが還暦     また まめにお店 伺いします  よろしく お願いします

ちなみに  画像 まったく 関係ありません  可愛いなー て  

チョウチョと カエル 一期一会  出会いを 楽しんでね

生き方

きんめ

その 老人は お寿司屋さん  終いの住い遠征中に 必ず立ち寄る 店

館山は 寿司の町 炙り寿司 発祥地  地魚を活かした 鮨をいつもいただく

この老人 82歳  おしゃべり好きで ちょっと行き過ぎてしまう事も

跡継ぎや 奥さんからも 怒られてるみたい  そんなご主人 だいぶん大人しく

補聴器も使って  ちょっと記憶力も衰え 跡継ぎの手かりながら? 支えてもらいながら

ちょうど  お昼時  お客さんたて込んでる  私達が一番お尻の客

カウンターで かーちゃんと 目の前の魚覗き込んで あれやこれやと 会話

地魚 盛り  アラ煮  好みで何貫か頼み  お腹いっぱい  お茶をいただき 一息

お客さんも 引けて  私達だけ  ご主人 今まで無口  お客さん ちょっとお話していいですか

跡継ぎに 時々来てくれる佐野の人だよ 確かタイで仕事してるんですよね と ご主人に

よく 覚えてくれてましたね  爺ちゃん 記憶力悪くなっちゃって  顔 覚えられないんです

跡継ぎは 仕込み準備で奥に ご主人が 今 なりたくない仕事は何でしょうと言う 番組見たとの事

クイズをだされ  体を使う仕事かな あと休みが少ない仕事 その割に給料が安い仕事

職人さんの世界だな  何が言いたいか 問われた時 すでに察していた  

頭でっかちで  手使わないで  机の上  みんなそんな仕事目指すんだよね

寿司屋さんも  人気がない仕事かな  と言うと  そうなんですよ  旦那分かってらっしゃる

正月も 夏休みもない この仕事 若い方には耐えられないみたいで その割に収入も

大したことはない  職人という仕事 手に技術身に付けりゃ 定年なんかないわけで

自分の まわりの 都会に働きに行った連中が 定年になって戻ってきて 元気ないな

もう 病気で死んで 20人くらいの内  もう 4人しかいないや  俺なんかまだ 現役でしょ

みんな 会社勤めして 都会に出て ストレスで雁字搦め  病気になっちゃうんですよ

ご主人 老後の心配なんかしたことないでしょ  みんなは そんな心配や 会社離れるのが怖くって

そうでしょ  私なんか 休み無くったて ストレスなんか感じること無い お客さんに 美味しいと

いわれりゃ 元気もらって  かーちゃんと一緒に ここまで来たんだ  いい仕事だと俺は思うんだ

私から すると 憧れの仕事ですよ   死ぬ 3日前 まで 跡継ぎさんと 花板でいれば

それが 一番 カッコいい生き方だと  私 思いますよ    ご主人 泣いてる

ちょっと 気弱になってる ご主人  昔の友も少なくなり 体の衰え 職人としての執着? プライド

引き際との 葛藤   私  死ぬまで貫ける仕事 本当に 羨ましい限りです

旦那さんの顔 忘れません  自家製 イカの塩辛 手渡される  あっ ありがとうございます

また  来ます お元気で    私も 死ぬ間際まで  自分の使命やり抜く所存です

日常

3

毎日 毎日 んー 過ぎていきます  ほんと 何して今日過ごしたっけ

いろんなこと  してるんです  スタッフに生産指示出したり 食事作ったり

愛犬のご飯 ついでに 野良猫のエサ かーちゃんに 昼ご飯 届け 

近所のスーパーに買い物  進まない ランチガーデン 横目に 夕飯仕込み

服の パターンして デザイン考え リサーチして 仕入れの段取りして 

荷物の 片付けして  YouTube 見て  どのボートがいいかなーなんて 検索して

それでも   何にも してない気分なのはなー   人は日常化してしまってる事に

刺激がない事に  退屈してしまう 生き物なのだな  その退屈の中に

発見 工夫を したり  新しい発想 絞り出さないと と自分に激を飛ばす

綺麗な 茜雲   毎日が過ぎていく  幸せなこってす   苦しい時は なかなか過ぎない

感性

1

終いの住い の 寝室に古材の梁  外にも少し突き出して  板壁貼って 隙間を

電気工事に使うパテで埋める  これで隙間風 ホコリ  抑えられる  よしよし

ここで  妙な 遊び心  この間 森の家具屋で 購入した  木のナナフシ 

よし!  この梁に 住み付いていただこう と言う事で  画像のように 設置

何の意味もない  林に虫たち沢山いる なので 仲間に入れてもらう為の アピール

変な 理屈   ただ面白いて 思っただけ   時にこんなことを 感性といいます

5

近所の リサイクルショップ で おまけに頂いた  青いガラスの かき氷の器

ヒビも 少し入り  食器としては見立てられないけど 色や古びた質感 私には美しく感じる

どんな風に 生かすか は  これから出会いと組み合わせ  上の ナナフシと同じ

どうでも いい人にとっては どうでもいい事   見立て こだわる 者にとっては そこが肝心

キモ というやつです  そんなこと言って 出会いと組み合わせ 待ってるモノ達が

タイ でも 日本でも  家に溢れてるのです  興味のない方にとっては ゴミ 古味ともいう

愛でて 楽しめる 感性 大切に 人生の豊かさが広がります   私の自論です